/hEtuFlpeb5ZU5fa5klkKA5Q3G36.jpg

逃げ去る恋 (1979)

Antoine Doinel. He's got four ladies ... Nine lives ... and Plenty of alibis!

ジャンル : コメディ, ドラマ, ロマンス

上映時間 : 1時間 33分

演出 : François Truffaut
脚本 : François Truffaut, Marie-France Pisier, Jean Aurel, Suzanne Schiffman

シノプシス

Antoine is now 30, working as a proofreader and getting divorced from his his wife. It being the first "no-fault" divorce in France, a media circus erupts, dredging up Antoine's past. Indecisive about his new love with a store clerk, he impulsively takes off with an old flame.

出演

Jean-Pierre Léaud
Jean-Pierre Léaud
Antoine Doinel
Marie-France Pisier
Marie-France Pisier
Colette Tazzi
Claude Jade
Claude Jade
Christine Doinel
Dani
Dani
Liliane
Dorothée
Dorothée
Sabine Barnerias
Daniel Mesguich
Daniel Mesguich
Xavier Barnerias
Julien Bertheau
Julien Bertheau
Monsieur Lucien
Marie Henriau
Marie Henriau
La Juge du Divorce
Julien Dubois
Julien Dubois
Alphonse Doinel
Jean-Pierre Ducos
Jean-Pierre Ducos
L'Avocat de Christine
Rosy Varte
Rosy Varte
La Mère de Colette
Pierre Dios
Pierre Dios
Maître Renard
Alain Ollivier
Alain Ollivier
Le Juge d' Aix en Provence
Monique Dury
Monique Dury
Madame Ida
Emmanuel Clot
Emmanuel Clot
Emmanuel
Christian Lentretien
Christian Lentretien
Le Dragueur du Train
Roland Thénot
Roland Thénot
L'Homme en Colère au Téléphone
Alexandre Janssen
Alexandre Janssen
L'Enfant du Wagon-restaurant
Chantal Zaugg
Chantal Zaugg
Une Petite Fille
Richard Berry
Richard Berry
Petit Rôle (uncredited)
André Dussollier
André Dussollier
Hero in Cinema (footage from 'Une Belle Fille comme Moi') (uncredited)
Richard Kanayan
Richard Kanayan
Client at Music-shop (uncredited)
Anne Kreis
Anne Kreis
Heroine in Cinema (uncredited)

製作陣

François Truffaut
François Truffaut
Director
François Truffaut
François Truffaut
Producer
Georges Delerue
Georges Delerue
Original Music Composer
Laurent Voulzy
Laurent Voulzy
Original Music Composer
Néstor Almendros
Néstor Almendros
Director of Photography
Martine Barraqué
Martine Barraqué
Editor
Jean-Pierre Kohut-Svelko
Jean-Pierre Kohut-Svelko
Production Design
Monique Dury
Monique Dury
Costume Design
François Truffaut
François Truffaut
Screenplay
Marie-France Pisier
Marie-France Pisier
Screenplay
Jean Aurel
Jean Aurel
Screenplay
Suzanne Schiffman
Suzanne Schiffman
Screenplay
Thi-Loan Nguyen
Thi-Loan Nguyen
Makeup Artist
Marcel Berbert
Marcel Berbert
Production Manager
Geneviève Lefebvre
Geneviève Lefebvre
Unit Manager
Emmanuel Clot
Emmanuel Clot
Second Assistant Director
Suzanne Schiffman
Suzanne Schiffman
First Assistant Director
Nathalie Seaver
Nathalie Seaver
Third Assistant Director
Pierre Gompertz
Pierre Gompertz
Assistant Decorator
Michel Grimaud
Michel Grimaud
Property Master
Jean-Louis Povéda
Jean-Louis Povéda
Assistant Decorator
Michel Laurent
Michel Laurent
Sound
Jacques Maumont
Jacques Maumont
Sound Mixer
Florent Bazin
Florent Bazin
First Assistant Camera
Gérard Bougeant
Gérard Bougeant
Grip
Charlie Freess
Charlie Freess
Key Grip
Jacques Frejabue
Jacques Frejabue
Grip
Jean-Claude Gasché
Jean-Claude Gasché
Gaffer
Dominique Le Rigoleur
Dominique Le Rigoleur
Still Photographer
Michel Leclerq
Michel Leclerq
Electrician
Emilio Pacull
Emilio Pacull
Second Assistant Camera
Serge Valézy
Serge Valézy
Electrician
Jean Gargonne
Jean Gargonne
Assistant Editor
Corinne Lapassade
Corinne Lapassade
Assistant Editor
Christine Pellé
Christine Pellé
Script Supervisor
Josiane Couëdel
Josiane Couëdel
Production Secretary
Roland Thénot
Roland Thénot
Assistant Production Manager

似たような映画

ラスベガスをやっつけろ
スポーツ記者のラウル・デュークと、サモア人で弁護士のドクター・ゴンゾー。彼らはバイクレースの取材のため、トランク一杯に「治療薬」と称したあらゆるドラッグを詰め込み、一路ラスベガスへ。超一流ホテルのスウィートルームに到着した彼らは、取材そっちのけで、早速ドラッグ三昧。ホテルを荒らしまくってやりたい放題する。
ミッション:インポッシブル
秘密諜報員イーサン・ハントの仲間は次々に傷つき、自らも負傷した。にもかかわらず、ハントは二重スパイの汚名を着せられる。追跡者から逃がれ、厳重な警備のCIAの金庫室に忍び込み、疾走する列車の屋根にしがみつき、ハントは独力で事件の謎を解明しようとする。やがて驚くべき真相が明らかに…。
アレックス
ある男を探してゲイクラブへ押し入る2人組。彼らは男を見つけ出すと凄惨な暴力を加える。発端はあるパーティの夜。マルキュスは会場に残り婚約者アレックスを一人で帰してしまう。その直後、アレックスはレイプに遭い、激しい暴行を受けてしまうのだった。自責の念に駆られるマルキュス。彼は友人でアレックスの元恋人のピエールとともに犯人探しを開始する。やがて、女装ゲイ、ヌネスを探し出した2人は、ヌネスからついにテニアという男の名を聞き出すのだった…。<邦題はモニカ・ベルッチ演じる主人公の名前。原題は「ひっくり返せない、不可逆、取り返しがつかない」を意味するフランス語で、いくつかの文字が裏返されている。シークエンスは後に起こったものが先にあり、時系列的には最初のシーンがラストに示される。また、エンドロールが冒頭で逆回しされ、クレジットの文字R/E/Nが鏡文字となっている。およそ9分にわたるレイプシーンの描写は評価がわかれた。>
カジノ
名優ロバート・デ・ニーロ、シャロン・ストーン、ジョー・ペシ等、豪華キャストの競演が実現!激突する野望、燃えるような情熱、そして尽きることのない欲の絡み合いを、巨匠マーティン・スコセッシ監督が空前のスケールで描き上げた超大作。事実を踏まえたこの壮大な物語の舞台は、1973年の虚飾と夢の街ラスベガス。そのラスベガスでカジノを牛耳り大金を操作する命知らずのギャングたち。彼らの巨大な富と彼ら自身の運命はダイスとともに生み出され、ダイスと共に消えていくー。
ダ・ヴィンチ・コード
ルーブル美術館の館長が殺され、宗教象徴学の権威ラングドン教授に捜査協力が依頼される。遺体はダ・ヴィンチの素描「ウィトルウィウス的人体図」を模した姿勢を取らされ、周囲には暗号が記されていた。担当のファーシュ警部は、暗号が“ラングドンを捜せ”と示していたことから教授を疑うが、館長の孫ソフィーは教授の無実を信じ、彼を現場から逃がす。2人は警察に追われながら、暗号の真意と真犯人を捜し始める。
第三の男
映画史に燦然と輝く名作として知られるキャロル・リード監督の傑作サスペンス。第2次大戦後のウィーンを舞台に、謎の死を遂げた友人の真相究明に奔走する男の姿を描く。 第2次大戦後のウィーンに、アメリカから友人ハリーを訪ねてやってきた作家ホリーは到着早々、ハリーが事故で死んだと知らされる。不審に思ったホリーは、事件の真相究明を決意。事故現場にいた3人のうち、身元の確認がとれない“第三の男”とは…。 イギリスの作家グレアム・グリーンの原作・脚本を、名匠キャロル・リード監督が光と影を効果的に使った映像美で描いた不滅の名作。アカデミー撮影賞、カンヌ映画祭グランプリ受賞。
マディソン郡の橋
アイオワ州マディソン群の片田舎。農場主の妻フランチェスカは、夫と二人の子供に囲まれ平凡な主婦として穏やかな毎日を送っていた。そんなある日、一人で家の留守をしていた彼女の所へある男が道を尋ねてくる。男の名はロバート・キンケイド。旅のカメラマンで、この近くの屋根のある橋ローズマン・ブリッジを撮影に来たが道に迷ったという。橋までの道案内に車に同乗したフランチェスカ。それは二人にとって、永遠に心に残る4日間の始まりであった……。
マンハッタン
中年男アイザックはTVライターとしては売れっ子だったが、シリアスな小説に転向しようと産みの苦しみの最中。彼は粋なレストランで友達とダベっている。共にテーブルを囲むのは大学教授のエールと妻のエミリー。そして現在、彼が同棲中の17歳の高校生トレーシー。どちらかと言えば彼女の方が夢中で、これ以上深みにハマるのを彼は恐れている。そしてある日、彼はMOMAを見物中のエールが連れていた浮気相手のメリーに恋をする…。
007/美しき獲物たち
ソ連国内でアメリカ製の半導体チップを持ち出した003が雪原で遭難。遺体から半導体チップを回収したボンドはソ連軍に追われるが、スキー&スノーボードで振り切って任務を果たす。 003の死体から発見されたのはマイクロチップ。このチップは従来のものと違い、核爆発で発生する強力な磁気にも対抗できるものだった。製造元のゾリン産業が怪しいとにらんだ英国情報部はボンドにゾリンの内偵を命じる。そこでボンドはチップの製造元であるゾリン社を調査する。 社長のマックス・ゾリンが所有する常勝の競走馬を調査するうちに、その馬からはマイクロチップに制御されたステロイド供給装置が見つかる。ゾリンを追ってサンフランシスコに潜入したボンドは彼がシリコンバレーを壊滅させ、マイクロチップ市場を独占しようとしていることを知る。
ピアノ・レッスン
19世紀の半ば、スコットランドからニュージーランドへ写真結婚で嫁ぐエイダ。旅のお供は娘のフロラと一台のピアノ。エイダは6歳の時から口がきけず、ピアノが彼女の言葉だった。夫のスチュアートはそのピアノを重すぎると浜辺に置き去りにし、原住民に同化している男ベインズの土地と交換してしまう。ベインズはエイダに“ピアノ・レッスン”をしてくれればピアノを返すというが……。
ラストエンペラー
1950年。第二次世界大戦の終結による満州国の崩壊と国共内戦の終結により、共産主義国である中華人民共和国の一都市となったハルビン駅の構内。5年間にわたるソビエト連邦での抑留を解かれ、中華人民共和国に送還された「戦犯」達がごった返す中で、列から外れた1人の男が洗面所で自殺を試みる。男は監視人の手により一命を取り留めるものの、薄れ行く意識の中で幼い日々の頃を思い出していた。この男こそ清朝最後の皇帝にして満州国の皇帝、「ラスト・エンペラー」と呼ばれた愛新覚羅溥儀その人であった。
運命の女
『危険な情事』『ナインハーフ』のエイドリアン・ライン監督によるエロティック・サスペンス。幸せな生活を送っていた平凡な妻が、ふとした出会いから、若く魅力的な男性との情事に溺れてしまう。それを知った夫は……。
グッドフェローズ
ヘンリー・ヒル、1943年ブルックリン生まれ。大物ギャング、ポーリーのアジトで育った彼は、物心ついた頃からマフィアに憧れていた。やがて念願の"グッドフェローズ"の仲間となり、"強奪"専門のジミー、野心旺盛なチンピラ、トミーと共に犯罪に犯罪を重ねていく。が、麻薬に手を出したことから育ての親、ポーリーに見放され、さらにジミーたちが起こした600万ドル強奪事件を追うCIAの捜査の手もヘンリーに迫る。
ジェイコブス・ラダー
旧約聖書のヤコブの話をヒントに、悪夢と現実の間で翻弄されていくベトナム帰りの男の奇妙な体験を描いたサスペンス・スリラー。ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは最近夢と現実の区別がつかなくなるほど奇妙な出来事に遭遇していた。疾走する地下鉄に乗る得体の知れない人々。掛かりつけの医者の死亡。自分を轢き殺そうとした車に乗る異様な人物。そしてベトナムの悪夢や幻覚までもが見え始め……。そんな時、ベトナム時代の戦友から電話がかかってくる……。
ザ・フォッグ
Trapped within an eerie mist, the residents of Antonio Bay have become the unwitting victims of a horrifying vengeance. One hundred years earlier, a ship carrying lepers was purposely lured onto the rocky coastline and sank, drowning all aboard. Now they're back – long-dead mariners who've waited a century for their revenge.
TAXi 2
新感覚のカー・アクションで世界中で大ヒットした「TAXi」続編で、フランス映画史上歴代NO.1の記録を打ち立てた。スピード狂のタクシー運転手ダニエルは、日仏サミットのためにやってきた日本の防衛庁長官の運転手に抜擢された。だが重装備の護送車に長官を乗せ試運転をしている最中に、黒い車に乗った謎のテロリスト集団に長官を誘拐されてしまう。ダニエルは刑事エミリアンや女刑事ペトラと共に型破りな救出作戦を展開する。
ドリーマーズ
1968年、五月革命に揺れるパリ。アメリカ人留学生マシューは、映画フリークの学生たちによるデモの最中に魅惑的な双子の姉弟イザベルとテオに出会い、急速に親密になっていく...。
ミュンヘン
ミュンヘン・オリンピックの最中、イスラエル選手団が何者かに襲われた。イスラエル側はテロリストの犯行とみなし、復讐を計画する。暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナーは、11人の標的を次々に消していくが……。<スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した衝撃の問題作。主演にエリック・バナやダニエル・クレイグら実力派俳優が名を連ねるほか、製作陣にはピューリツァー賞やオスカー受賞者などが顔を揃え、作品の質を高めている。国家への忠誠心や家族への愛を描きつつ、世界平和の真意を問うストーリー展開が見事。>
野いちご
医学の研究に生涯を捧げ、その長年の功績を認められ名誉学位を受けることになった老教授イサク。その授与式は栄光に満ちた日になるはずだったが、前夜に自身の死を暗示する悪夢を見たためか、彼の心は晴れない。イサクは授与式当日に当初の予定を変更して、現在の住まいであるストックホルムから式の行われるルンドまで車で向かおうとする。そんな彼に、義理の娘であるマリアンヌも同行を願い出る。 半日程度の小旅行はイサクにとって、これまでの自分の人生を顧みるまたとない機会となった。青年時代に婚約者を弟に奪われたこと、妻がイサクの無関心に耐えられず不貞を働いたことなどを思い出し煩悶するイサク。そしてマリアンヌに、イサクの息子エヴァルドと彼女の間に子供が居ないのは、イサクを見て育ったエヴァルドが家庭というものに絶望しているからだと告げられる。研究者としての輝かしい名声とは裏腹に、イサクの人生は空虚なものだった。 また、イサクはルンドへ向かう途中様々な人物に出会う。奔放なヒッチハイカーの少女とその二人のボーイフレンド、不毛な夫婦喧嘩を繰り返す男女、引越していったイサクを今でも慕うガソリンスタンドの店主とその妻、そしてイサクの老いた母親。彼らとの出会いと過去への後悔が、徐々にイサクを変えていく。 無事に授与式を終えたイサクはその夜、エヴァルドと家族のことについて誠実に話し合う。寝室の外では昼間に出会ったヒッチハイカーたちが、イサクの栄誉を心から祝福していた。満ち足りた気持ちで眠りにつくイサク。彼が見る夢は前夜の悪夢と違い、不思議な充足感を伴うものだった。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
現代のサンフランシスコ。とある部屋で、マスコミでのし上がろうとする野心的な若者クリスが、漆黒の髪の美青年ルイへインタビューを始めたが、その内容は驚くべきものだった。18世紀末の米ニューオリンズ。フランス移民のルイは当時25歳。最愛の妻と娘を亡くして絶望する彼に、美貌の吸血鬼レスタトが近づく。彼は、人間らしく揺れ動く繊細な魂のルイに興味を覚え、永遠の命を共にする伴侶として彼を選ぶ。

おすすめ映画

Bed and Board
Parisian everyman Antoine Doinel has married his sweetheart Christine Darbon, and the newlyweds have set up a cozy domestic life of selling flowers and giving violin lessons while Antoine fitfully works on his long-gestating novel. As Christine becomes pregnant with the couple's first child, Antoine finds himself enraptured with a young Japanese beauty. The complications change the course of their relationship forever.
Stolen Kisses
The third in a series of films featuring François Truffaut's alter-ego, Antoine Doinel, the story resumes with Antoine being discharged from military service. His sweetheart Christine's father lands Antoine a job as a security guard, which he promptly loses. Stumbling into a position assisting a private detective, Antoine falls for his employers' seductive wife, Fabienne, and finds that he must choose between the older woman and Christine.
Antoine and Colette
Now aged 17, Antoine Doinel works in a factory which makes records. At a music concert, he meets a girl his own age, Colette, and falls in love with her. Later, Antoine goes to extraordinary lengths to please his new girlfriend and her parents, but Colette still only regards him as a casual friend. First segment of “Love at Twenty” (1962).
終電車
第二次世界大戦中のパリで、美貌の女優マリオンは亡命したと偽り劇場の地下に匿われた夫に演技指導を受けながら、その劇場を守っていた。しかし新人俳優ベルナールに惹かれていき……。
突然炎のごとく
ジュールとジムは、情熱的で奔放な女性カトリーヌに恋をする。ジムへの想いを胸に秘めたままジュールと結婚した彼女だが、ジムとの再会で再び二人に愛の炎が燃え上がる。しかし、小さな食い違いでジムは彼女から離れていく。ある日出かけた河岸で、カトリーヌはジムをドライブに誘い、壊れた橋に向かってスピードを上げた。 三角関係の心理を見事に描いた本作は、ジャンヌ・モローの輝くばかりの美しさが圧倒的な魅力となった一遍。
大人は判ってくれない
フランソワ・トリュフォーの長編第一作。アントワーヌ・ドワネルはパリの下町に住む13歳の少年。学校ではいつもいたずらばかりして先生に目をつけられている。共稼ぎの両親は、夫婦仲が余りよくなく何かと口論ばかりしていた。そんなある日、遊ぶ金に困った彼は父の会社のタイプライターを盗んで質に入れようとしたが、すぐにバレてしまい、両親は彼を少年鑑別所に入れてしまう……。
華氏451
活字の存在しない未来の管理社会を描いたレイ・ブラッドベリの小説を映画化。主人公モンターグは禁止されている書物の捜索と焼却にあたる有能な消防士だったが、クラリスという女性と知り合った事から本について興味を持ち始める。やがて読書の虜となった彼の前には妻の裏切りと同僚の追跡が待っていた……。
Shoot the Piano Player
Charlie is a former classical pianist who has changed his name and now plays jazz in a grimy Paris bar. When Charlie's brothers, Richard and Chico, surface and ask for Charlie's help while on the run from gangsters they have scammed, he aids their escape. Soon Charlie and Lena, a waitress at the same bar, face trouble when the gangsters arrive, looking for his brothers.
日曜日が待ち遠しい!
Claude Massoulier is murdered while hunting at the same place as Julien Vercel, an estate agent who knew him and whose fingerprints are found on Massoulier's car. As the police discover that Marie-Christine Vercel, Julien's wife, was Massoulier's mistress, Julien is the prime suspect. But his secretary, Barbara Becker, while not quite convinced he is innocent, defends him and leads her private investigations.
隣の女
Madame Jouve, the narrator, tells the tragedy of Bernard and Mathilde. Bernard was living happily with his wife Arlette and his son Thomas. One day, a couple, Philippe and Mathilde Bauchard, moves into the next house. This is the accidental reunion of Bernard and Mathilde, who had a passionate love affair years ago. The relationship revives... A somber study of human feelings.
軽蔑
脚本家のポールは映画プロデューサーのプロコシュから、フリッツ・ラングが監督する大作映画「オデュッセイア」の脚本の手直しを依頼される。ポールと妻で女優のカミーユはプロコシュの自宅へ招かれるが、ポールが遅れて到着するとカミーユの態度はなぜか豹変しており、彼に対して軽蔑のまなざしを向ける。やがてポールとカミーユは映画のロケのため、カプリ島にあるプロコシュの別荘を訪れるが…。
Day for Night
A committed film director struggles to complete his movie while coping with a myriad of crises, personal and professional, among the cast and crew.
恋のエチュード
At the beginning of the 20th century, Claude Roc, a young middle-class Frenchman meets in Paris Ann Brown, a young Englishwoman. They become friends and Ann invites him to spend holidays at the house where she lives with her mother and her sister Muriel, for whom she intends Claude. During these holidays, Claude, Ann and Muriel become very close and he gradually falls in love with Muriel. But both families lay down a one-year-long separation without any contact before agreeing to the marriage. So Claude goes back to Paris when he has many love affairs before sending Muriel a break-off letter...
勝手にしやがれ
 フランス、ヌーヴェル・ヴァーグの決定打と言わしめたジャン=リュック・ゴダール監督の最高傑作。警官を殺してパリに逃げて来た自転車泥棒のミシェルは、アメリカ人の恋人パトリシアとお互い自由で束縛のない関係を楽しんでいた。そんなある日、彼の元に警察の手が及んでくる。パトリシアはミシェルの愛を確かめる為、彼の居場所を警察に密告、そして彼にも同様に警察が追ってきた事を伝えるが……。
ファーゴ
 アメリカ中北部の田舎町を舞台に、偽装誘拐が引き起こす惨劇とそれに関わる人々の奇妙な姿を描いたユニークな犯罪ドラマ。  ミネソタ州ミネアポリスに住むカー・ディーラーのジェリー・ランディガード(W・H・メイシー)は借金返済のために自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義父から身代金をいただこうと考えた。誘拐を実行するのは、前科者の従業員から紹介された妙な二人組、カール(S・ブシェミ)とグリムスラッド(P・ストーメア)。だがジーンを自宅から誘拐した二人は、隣町ブレイナードまで逃げたところで、停車を命じた警官と目撃者を射殺してしまう。ブレイナードの女性警察署長マージ・ガンダーソン(F・マクドーマンド)は事件を追ってミネアポリスに赴くが、その間にも狂い始めた誘拐計画は次々と犠牲者を産んでいく……。  コーエン兄弟はその特異な作風で知られる、80~90年代アメリカ・インディペンデント映画界の雄だが、この作品はその真価がもっとも発揮された一編と言っていいだろう。実話を基にしているとはいえ、ほとんどは創作だというストーリー自体の面白さももちろんだが、個々のキャラクターのおかしさとさりげなくも効果的な台詞の数々は、ドラマの完成度を極限まで高めている。雪に覆われた白い町で起こる血みどろの物語。まさに“白のフィルム・ノワール”と呼んでもいい。カンヌ映画祭で監督賞に輝いただけでなく、アカデミーでは主演女優賞と脚本賞も獲得した逸品。
タクシードライバー
ニューヨークの夜を走るひとりのタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描き出した、監督マーティン・スコセッシ×主演ロバート・デ・ニーロの、アメリカン・ニューシネマの傑作。ベトナム帰りの青年トラヴィス・ビックルは夜の街をタクシーで流しながら、世界の不浄さに苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるベッツィと親しくなるトラヴィスだったが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。やがて、闇ルートから銃を手に入れたトラヴィスは自己鍛錬を始めるが、そんな彼の胸中にひとつの計画が沸き上がる……。
E.T.
地球の探査にやって来て一人取り残された異星人と少年の交流を暖かく描き上げたSFファンタジー。森の中に静かに降り立つ異星の船から現れる宇宙人たち。だが彼らの地球植物の調査は人間たちの追跡によって中断される。宇宙船は急いで空に舞い上がるが一人の異星人が取り残されていた。森林にほど近い郊外に住む少年エリオットは裏庭でその異星人と遭遇、彼をかくまう事にする。兄と妹を巻き込んで、ETと名付けられたその異星人との交流が始まったが、ETの存在を知っているのはエリオットたちだけではなかった……。
時計じかけのオレンジ
スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SF。近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが……。
バットマン ビギンズ
大富豪の家庭に育ったブルース・ウェインは少年時代、井戸で遭遇したコウモリの大群に圧倒的な衝撃を受け、またさらには彼の両親が目の前で殺されて大きなショックを抱え込む。やがて父の遺した企業を受け継いだブルースだったが、強いトラウマと親の仇への復讐心は消えず、犯罪者の心理を知るため自ら罪人となる。そんな彼はある日、デュガードという男と運命的な出会いを果たし、不正と闘うことを決意。そして彼の薦めにより、ヒマラヤの奥地に潜む“影の同盟”なる自警団のもとで心身を鍛え、心の闇を解放する。こうして彼は、ゴッサム・シティへと舞い戻って来る。街は悪の組織と暴力がはびこり、腐敗が進んでいた。自らの使命に確信を持ったブルースは、全身黒いコスチュームを身に纏ったバットマンとなり、巨悪と対峙する道を選ぶのだった。