/8ZzgJhtnwN8Ue4ej3kCXMhwMNBE.jpg

チャーリーとチョコレート工場 (2005)

さあ、世界一オカシな工場見学へ!

ジャンル : アドベンチャー, コメディ, ファミリー, ファンタジー

上映時間 : 1時間 55分

演出 : Tim Burton
脚本 : John August

シノプシス

チャーリー少年は、失業中の父と母、そして祖父母がふた組の、極度に貧乏な家で、けなげに明るく暮らしていた。ある時、家のすぐそばにある世界一のチョコレート工場の主、ウィリー・ウォンカ氏が、幸運な5人の子供たちに工場内を見学する許可を与える声明を発表。ウォンカ製のチョコレートに入ったゴールデンチケットを引き当てたのは、肥満少年のグループ、富豪のわがまま娘ヴェルーカ、賞獲り少女のヴァイオレット、ゲームおたくの少年マイク。そして最後の1枚がチャーリーの手元に転がりこんだ。

出演

Johnny Depp
Johnny Depp
Willy Wonka
Freddie Highmore
Freddie Highmore
Charlie Bucket
David Kelly
David Kelly
Grandpa Joe
Helena Bonham Carter
Helena Bonham Carter
Mrs. Bucket
Noah Taylor
Noah Taylor
Mr. Bucket
Missi Pyle
Missi Pyle
Mrs. Beauregarde
James Fox
James Fox
Mr. Salt
Deep Roy
Deep Roy
Oompa Loompa
Christopher Lee
Christopher Lee
Dr. Wonka
AnnaSophia Robb
AnnaSophia Robb
Violet Beauregarde
Julia Winter
Julia Winter
Veruca Salt
Jordan Fry
Jordan Fry
Mike Teavee
Philip Wiegratz
Philip Wiegratz
Augustus Glupsch
Adam Godley
Adam Godley
Mr. Teavee
Franziska Troegner
Franziska Troegner
Mrs. Gloop
Liz Smith
Liz Smith
Grandma Georgina
Eileen Essell
Eileen Essell
Grandma Josephine
David Morris
David Morris
Grandpa George
Nitin Ganatra
Nitin Ganatra
Prince Pondicherry
Shelley Conn
Shelley Conn
Princess Pondicherry
Chris Cresswell
Chris Cresswell
Prodnose
Philip Philmar
Philip Philmar
Slugworth
Tony Kirwood
Tony Kirwood
Finckelgruber
Harry Taylor
Harry Taylor
Mr. Gloop
Francesca Hunt
Francesca Hunt
Mrs. Salt
Geoffrey Holder
Geoffrey Holder
Narrator (voice)
Todd Boyce
Todd Boyce
TV Reporter
Kevin Eldon
Kevin Eldon
Man with Dog
Mark Heap
Mark Heap
Man with Dog
Oscar James
Oscar James
Shopkeeper
Annette Badland
Annette Badland
Jolly Woman
Débora Monteiro
Débora Monteiro
Nayef Rashed
Nayef Rashed
Moroccan Market Vendor
Menis Yousry
Menis Yousry
Moroccan Market Trader
Harry Taylor
Harry Taylor
Mr. Gloop
Robert Boas
Robert Boas
Extra (uncredited)
Lucy-Anne Brooks
Lucy-Anne Brooks
Factory Worker (uncredited)
Elena Buda
Elena Buda
Character Dancer (uncredited)
Rene Costa
Rene Costa
Factory Worker (uncredited)
Blair Dunlop
Blair Dunlop
Little Willy Wonka
Hubertus Geller
Hubertus Geller
German Reporter
Garrick Hagon
Garrick Hagon
Denver Reporter
Roger Frost
Roger Frost
Tall Man
Colette Appleby
Colette Appleby
Customer in Shop
Danny Elfman
Danny Elfman
Oompa Loompa (voice) (uncredited)
Aiko Horiuchi
Aiko Horiuchi
Woman in shop (uncredited)
Brigitte Millar
Brigitte Millar
Journalist (uncredited)
Valery Richardson
Valery Richardson
Zombie Dancer (uncredited)
Georgie Smith
Georgie Smith
Policewoman (uncredited)
Caroline Thielemann
Caroline Thielemann
Ompa Lompa (uncredited)
John Warman
John Warman
Policeman (uncredited)
Tracy Yarkoni
Tracy Yarkoni
Violet's Neighbor (uncredited)
Steve Hope Wynne
Steve Hope Wynne
Museum Guard (as Stephen Hope-Wynne)

製作陣

Tim Burton
Tim Burton
Director
Richard D. Zanuck
Richard D. Zanuck
Producer
Brad Grey
Brad Grey
Producer
Roald Dahl
Roald Dahl
Author
John August
John August
Screenplay
Philippe Rousselot
Philippe Rousselot
Director of Photography
Chris Lebenzon
Chris Lebenzon
Editor
Susie Figgis
Susie Figgis
Casting
Alex McDowell
Alex McDowell
Production Design
Gabriella Pescucci
Gabriella Pescucci
Costume Design
Bill Abbott
Bill Abbott
Sound Designer
Danny Elfman
Danny Elfman
Original Music Composer
Luc Desmarchelier
Luc Desmarchelier
Visual Development
Bruce Berman
Bruce Berman
Executive Producer
Graham Burke
Graham Burke
Executive Producer
Liccy Dahl
Liccy Dahl
Executive Producer
Katterli Frauenfelder
Katterli Frauenfelder
Co-Producer
Derek Frey
Derek Frey
Associate Producer
Patrick McCormick
Patrick McCormick
Executive Producer
Lorne Orleans
Lorne Orleans
Producer
Michael Siegel
Michael Siegel
Executive Producer
Dottie Starling
Dottie Starling
Digital Effects Supervisor
David Allday
David Allday
Art Direction
François Audouy
François Audouy
Art Direction
Matthew Gray
Matthew Gray
Art Direction
Sean Haworth
Sean Haworth
Art Direction
James Lewis
James Lewis
Art Direction
Andy Nicholson
Andy Nicholson
Art Direction
Stuart Rose
Stuart Rose
Art Direction
Leslie Tomkins
Leslie Tomkins
Supervising Art Director
Peter Young
Peter Young
Set Decoration
Yasmin Al-Naib
Yasmin Al-Naib
Art Department Assistant
Lavinia Waters
Lavinia Waters
Art Department Coordinator
Anthony Caron-Delion
Anthony Caron-Delion
Assistant Art Director
Ian Whiteford
Ian Whiteford
Greensman
Keith Connolly
Keith Connolly
Painter
Ravi Bansal
Ravi Bansal
Conceptual Illustrator
Lolly Batty
Lolly Batty
Sculptor
Luke Cairns
Luke Cairns
Additional Camera
John Gamble
John Gamble
First Assistant Camera
John Flemming
John Flemming
Key Grip
Keith Manning
Keith Manning
Grip
Vince McGahon
Vince McGahon
Steadicam Operator
Mary Ellen Mark
Mary Ellen Mark
Still Photographer
Massimo Cantini Parrini
Massimo Cantini Parrini
Assistant Costume Designer
Lindsay Pugh
Lindsay Pugh
Costume Supervisor
Peter Owen
Peter Owen
Hair Designer
Abi Brotherton
Abi Brotherton
Hairstylist
Ivana Primorac
Ivana Primorac
Key Hair Stylist
Michael Krehl
Michael Krehl
Makeup Artist
Peter Owen
Peter Owen
Makeup Designer
Christian Kennedy
Christian Kennedy
Set Dressing Artist
Deborah Lurie
Deborah Lurie
Additional Music
James Buxton
James Buxton
Carpenter
Nicolas Aithadi
Nicolas Aithadi
CG Supervisor
Francesca Jaynes
Francesca Jaynes
Choreographer
Mel Churcher
Mel Churcher
Dialect Coach
Catrin Cooper
Catrin Cooper
Post Production Assistant
Jessie Thiele
Jessie Thiele
Post Production Supervisor
Jan Meade
Jan Meade
Projection
Glenn Marsh
Glenn Marsh
Propmaker
Terry Wells
Terry Wells
Property Master
James Gemmill
James Gemmill
Scenic Artist
Sebastien Beaulieu
Sebastien Beaulieu
Sequence Supervisor
Giles Harding
Giles Harding
Set Production Assistant
Emer Sands
Emer Sands
Sound Recordist
Jim Dowdall
Jim Dowdall
Stunt Coordinator
Niklas Aldergren
Niklas Aldergren
Systems Administrators & Support
Jason Hunjan
Jason Hunjan
Utility Stunts
Lizzie Kelly
Lizzie Kelly
Video Assist Operator
Katterli Frauenfelder
Katterli Frauenfelder
Assistant Director
Nikki Clapp
Nikki Clapp
Script Supervisor
JC Bond
JC Bond
First Assistant Editor
Roy Branch
Roy Branch
Electrician
Steve Costello
Steve Costello
Gaffer
Paul Flanagan
Paul Flanagan
Lighting Artist
Wick Finch
Wick Finch
Rigging Gaffer
Jennifer Halpern
Jennifer Halpern
Casting Associate
Nick Daubeny
Nick Daubeny
Location Manager
Maggie Phelan
Maggie Phelan
Production Accountant
Hermione Ninnim
Hermione Ninnim
Production Coordinator
Daniel Pettipher
Daniel Pettipher
Production Manager
Bill LaBorde
Bill LaBorde
Production Supervisor
Sarah Clark
Sarah Clark
Publicist
Christian Bourne
Christian Bourne
Boom Operator
Alistair Hawkins
Alistair Hawkins
First Assistant Sound Editor
Bill Abbott
Bill Abbott
Music Editor
Tony Dawe
Tony Dawe
Production Sound Mixer
Dennis S. Sands
Dennis S. Sands
Scoring Mixer
Richard Fettes
Richard Fettes
Sound Editor
Martin Cantwell
Martin Cantwell
Sound Effects Editor
Carlos Solis
Carlos Solis
Sound Re-Recording Mixer
Eddy Joseph
Eddy Joseph
Supervising Sound Editor
Alfonso Cottier
Alfonso Cottier
3D Modeller
Marco Carpagnano
Marco Carpagnano
Animation Supervisor
Richard Baker
Richard Baker
Digital Compositors
Joss Williams
Joss Williams
Special Effects Supervisor
Tony Meister
Tony Meister
Visual Effects
Laya Armian
Laya Armian
Visual Effects Coordinator
Catherine Duncan
Catherine Duncan
Visual Effects Producer
Nick Davis
Nick Davis
Visual Effects Supervisor
Gary Roberts
Gary Roberts
Motion Capture Artist
Suzy Strawn Scott
Suzy Strawn Scott
Studio Teachers
Bonnie Lemon
Bonnie Lemon
Digital Producer
James Seddon
James Seddon
Dolby Consultant
Simon Allmark
Simon Allmark
VFX Editor
Steve Harvey
Steve Harvey
Unit Manager
Bruce Fowler
Bruce Fowler
Orchestrator
Nik Korda
Nik Korda
Unit Production Manager
Christopher Learmonth
Christopher Learmonth
VFX Editor
Jemma Scott-Knox-Gore
Jemma Scott-Knox-Gore
Contact Lens Technician
Sally Crees
Sally Crees
Costume Assistant
Linda Lashley
Linda Lashley
Costumer
Charlotte Child
Charlotte Child
Dresser
Deborah Taylor
Deborah Taylor
Hair Supervisor
Adam Roach
Adam Roach
Key Costumer
Sadie Lunn
Sadie Lunn
Makeup Trainee
Ben Dixon
Ben Dixon
Second Assistant Director
Jonny Benson
Jonny Benson
Third Assistant Director
Terry Wells Jr.
Terry Wells Jr.
Assistant Property Master
Dermot Power
Dermot Power
Concept Artist
Tino Schaedler
Tino Schaedler
Conceptual Illustrator
Robert Allen
Robert Allen
Construction Buyer
Neal Callow
Neal Callow
Draughtsman
Shane Harford
Shane Harford
Dressing Prop
Joe Cassar
Joe Cassar
Standby Carpenter
John Greaves
John Greaves
Storyboard Artist
David Edwards
David Edwards
Supervising Carpenter
Jessica Scott-Reed
Jessica Scott-Reed
Textile Artist
Robert Dawson
Robert Dawson
Title Designer
Tony Currie
Tony Currie
ADR Editor
Peter Gleaves
Peter Gleaves
ADR Mixer
Alexander Beddow
Alexander Beddow
ADR Recordist
Peter Burgis
Peter Burgis
Foley Artist
Nigel Heath
Nigel Heath
Foley Mixer
Alex Joseph
Alex Joseph
Foley Supervisor
Nathan Duncan
Nathan Duncan
Second Assistant Sound
Denise Yarde
Denise Yarde
Sound Assistant
Colin Ritchie
Colin Ritchie
Supervising Dialogue Editor
Michael Dawson
Michael Dawson
Special Effects Assistant
Paul Brady
Paul Brady
Special Effects Technician
Nathan McGuinness
Nathan McGuinness
Senior Visual Effects Supervisor
Kerry Downing
Kerry Downing
Visual Effects Editor
Nicholas Daines
Nicholas Daines
Stunt Double
Sam Barnes
Sam Barnes
Assistant Camera
David Churchyard
David Churchyard
Camera Trainee
Susan Luciani
Susan Luciani
Clapper Loader
Andrew Baggarley
Andrew Baggarley
Data Wrangler
Ron Nicholls
Ron Nicholls
Dolly Grip
Karl Morgan
Karl Morgan
Focus Puller
Tim Dean
Tim Dean
Libra Head Technician
Rene Adefarasin
Rene Adefarasin
Second Assistant Camera
Matthew Hackett
Matthew Hackett
Animation Director
Erik Lee
Erik Lee
CG Animator
Dimitri Bakalov
Dimitri Bakalov
Lead Animator
Lucy Tudhope
Lucy Tudhope
Casting Assistant
Brendan Handscombe
Brendan Handscombe
Wardrobe Assistant
Lisa Thompson
Lisa Thompson
Assistant Editor
Mo Henry
Mo Henry
Negative Cutter
Katie Reynolds
Katie Reynolds
Post Production Coordinator
Hannah Capron
Hannah Capron
Location Assistant
Rick Wentworth
Rick Wentworth
Conductor
Karen Birtchnell
Karen Birtchnell
Assistant Accountant
Damon Marcellino
Damon Marcellino
Assistant Chief Lighting Technician
Miranda Marks
Miranda Marks
Assistant Production Coordinator
Benjamin Perkins
Benjamin Perkins
Chaperone
Angela Barson
Angela Barson
Compositing Supervisor
Christi Dembrowski
Christi Dembrowski
Executive Assistant
Solomon Artistes
Solomon Artistes
Extras Casting
Lisa-Kim Ling Kuan
Lisa-Kim Ling Kuan
First Assistant Accountant
Oliver Hazell
Oliver Hazell
Floor Runner
Scott Ross
Scott Ross
General Manager
Michael Elson
Michael Elson
Head of Production
Leah Chalk
Leah Chalk
Health and Safety
J.M.R. Luna
J.M.R. Luna
Intern
David Sudd
David Sudd
Matchmove Supervisor
Shannan Burkley
Shannan Burkley
Matte Painter
Alexander Hodgson
Alexander Hodgson
Production Assistant
Paul Hitchcock
Paul Hitchcock
Production Consultant
Kevin Trehy
Kevin Trehy
Production Executive
Chloe-Miranda Finch
Chloe-Miranda Finch
Production Runner
Christopher Hutchins
Christopher Hutchins
Production Secretary
Celia Barnett
Celia Barnett
Researcher
Jonathan Scott
Jonathan Scott
Second Assistant Production Coordinator
Clare Glass
Clare Glass
Set Runner
Sam Conway
Sam Conway
Special Effects Technician

ポスター、背景

/8ZzgJhtnwN8Ue4ej3kCXMhwMNBE.jpg

似たような映画

ポルターガイスト
郊外に新築された家に越してきた一家を襲う異常な現象。幼い娘が行方不明となり、霊媒師は悪霊の存在を感じとった。やがてその土地は元々墓場だった事が判明する……。スピルバーグが製作したホラー大作。
ヒトラー ~最期の12日間~
1942年、ミュンヘン出身の若い女性ユンゲはヒトラーの個人秘書の職を得る。それから月日は流れて1945年、第2次世界大戦は大詰めを迎え、ヒトラーはごく限られた身内や腹心の部下たちとベルリンのドイツ首相官邸の地下要塞に逃げ、そこで不自由な生活を送る。敗北の気配が濃くなる中、ヒトラーはまだ反撃のシナリオを熱っぽく語るが次第に部下たちは彼から離反していき、ユンゲは歴史の証人としてその光景を静かに見守る。
トレインスポッティング
ドラッグ中毒のマークと悪友たちは常にハイ状態か、あるいはドラッグを手に入れるため盗みに精を出しているというていたらく。ある日、マークはこのままではいけないと更生するためにロンドンに行き職に就く。ところが、彼らの仲間が会社に押し掛けたことが原因で、マークはクビになってしまう。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
現代のサンフランシスコ。とある部屋で、マスコミでのし上がろうとする野心的な若者クリスが、漆黒の髪の美青年ルイへインタビューを始めたが、その内容は驚くべきものだった。18世紀末の米ニューオリンズ。フランス移民のルイは当時25歳。最愛の妻と娘を亡くして絶望する彼に、美貌の吸血鬼レスタトが近づく。彼は、人間らしく揺れ動く繊細な魂のルイに興味を覚え、永遠の命を共にする伴侶として彼を選ぶ。
オズの魔法使
カンザスの農場でおじさん夫婦と一緒に暮らす少女ドロシーは、ある日、竜巻に家ごと上空に巻き上げられ、愛犬のトトとともに魔法の国オズへとたどり着く。故郷の家に戻るためにはオズの魔法使いの力を借りる必要があると言われたドロシーは、早速魔法使いの住むエメラルド・シティを目指して旅に出る。その途中、臆病ライオンや脳のないカカシ、そして心を持たないブリキ男も仲間に加わり、一行は不思議な冒険を繰り広げていく。
ブリジット・ジョーンズの日記
出版社勤務の32歳、ブリジット・ジョーンズは禁煙とダイエットを決意する。そんな矢先、気になる上司ダニエルからEメールが届き……。ヘレン・フィールディングの大ベストセラーを映画化したラヴ・コメディ。
007/ドクター・ノオ
映画史に刻まれるスパイ・アクション映画の金字塔、007シリーズの記念すべき第1作!宇宙ロケットを妨害する怪電波の調査に当たっていたイギリス諜報部員がジャマイカで殺された。早速現地に派遣されたのは、コードネーム=007ことジェームズ・ボンド。そこで彼はドクター・ノオと名乗る中国人博士が所有する謎の島に秘密が隠されていることを知る......!
007/ロシアより愛をこめて
ソビエト連邦情報機関の最高幹部会議は、西側の情報機関に打撃を与えるため、スメルシュの手によってイギリス秘密情報部の情報部員ジェームズ・ボンドをはずかしめて殺すことに決定した。チェスのモスクワ選手権タイトル保持者でスメルシュ企画課長のクロンスティーンが立てた計画に基づき、第2課長ローザ・クレッブ大佐は、タチアナ・ロマノーヴァ伍長を囮に仕立てた。 ボンドに夢中になったソ連職員タチアナが、暗号解読器「スペクター」を手土産に亡命を望んでいるという連絡が入り、ボンドはイスタンブルへ派遣された。首尾よくタチアナと解読器を確保したボンドは、夫婦を装いオリエント急行に乗り込んで国外脱出を図るが、そこにはスメルシュの放った刺客グラントが待っていた。
007/ゴールドフィンガー
メキシコでの任務の帰路、マイアミに立ち寄ったイギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、かつてのカジノ・ロワイヤルでの勝負の際同席したデュポンと再会し、彼の頼みでオーリック・ゴールドフィンガーのカードのいかさまを暴いた。ロンドンへ戻ったボンドは、ゴールドフィンガーがスメルシュの手先となって金の密輸を行っているらしいことを聞かされ、その調査を命じられた。調査中、ボンドはゴールドフィンガーに捕らわれ、彼がアメリカ合衆国のフォート・ノックスを襲撃して合衆国金塊保管所に貯蔵された金塊を奪取し、ソ連の巡洋艦に積み込んで海外に運び去ろうとしていることを知る。
ベン・ハー
ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費を投じて描いた一大スペクタクル。些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。束の間の安住の後再び故郷へ戻った彼は、別れた家族が獄中死したと聞かされ戦車競技に出場する事を決意する。そこではメッサラとの宿命の対決が待っていた。
007は二度死ぬ
米ソの宇宙ロケットが、次々と行方不明になるという事件が発生した。事件の背後にスペクターの影を見いだした英国情報部は、真相究明のため、ジェームズ・ボンドを日本に派遣する。日本の情報部局長、タナカの助けを得て、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入するが……。ボンドの宿敵、ブロフェルドをD・プレザンスが演じたシリーズ第5作。
女王陛下の007
スペクターの首領ブロフェルドを探し回るのに飽き飽きし、イギリス秘密情報からの辞職を考えていたジェームズ・ボンドは、カジノ・ロワイヤルで現金を持たずに大金を賭けて負けたテレサ・ディ・ヴィセンゾ公爵夫人を助けた。テレサと一夜を共にしたボンドは、彼女の父で犯罪組織ユニオン・コルスの首領のマルク=アンジュ・ドラコに拉致され、赤ん坊を亡くして絶望しているテレサと結婚してくれるように頼まれる。テレサに自分で立ち直らせるよう説得したボンドは、ドラコから礼としてブロフェルドがスイスに潜伏していることを聞く。
ハリー・ポッターと賢者の石
両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロンとハーマイオニーという友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった……。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター。今年ホグワーツで伝説の“三大魔法学校対抗試合”が行われることになり、他校の生徒たちが大挙してやってきた。
ラストキング・オブ・スコットランド
かつてのウガンダで独裁政治を行なったアミン大統領の内幕を大胆に脚色し、側近医師の目を通して描き出した社会派サスペンス。残虐な大統領をフォレスト・ウィテカー、権力に負ける医師をジェイムズ・マカヴォイが演じる。
マディソン郡の橋
アイオワ州マディソン群の片田舎。農場主の妻フランチェスカは、夫と二人の子供に囲まれ平凡な主婦として穏やかな毎日を送っていた。そんなある日、一人で家の留守をしていた彼女の所へある男が道を尋ねてくる。男の名はロバート・キンケイド。旅のカメラマンで、この近くの屋根のある橋ローズマン・ブリッジを撮影に来たが道に迷ったという。橋までの道案内に車に同乗したフランチェスカ。それは二人にとって、永遠に心に残る4日間の始まりであった……。
ミート・ザ・ペアレンツ2
看護師グレッグ・フォッカーと美人のパムは結婚間近のラブラブ・カップル。ようやく、パムの父親、元CIAの堅物頑固親父ジャック・バーンズの承諾も取りつけてホッと一息。最後の難関は、フォッカー家とバーンズ家両家のご対面。しかし、そこにはひとつ問題が……。グレッグはジャックに、父は弁護士、母は医者と伝えていたのだ。本当は、父バーニーは専業主夫、母ロズはセックス・セラピストなのに! 予想通り、両家の初顔合わせはとんでもない大激突に! 果たして、グレッグとパムは無事結婚出来るのだろうか!?
The Lost Boys
A mother and her two teenage sons move to a seemingly nice and quiet small coastal California town yet soon find out that it's overrun by bike gangs and vampires. A couple of teenage friends take it upon themselves to hunt down the vampires that they suspect of a few mysterious murders and restore peace and calm to their town.
ホリデイ
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人の婚約発表現場に居合わせることになり、ショックで落ち込んでいた。一方、ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは、同棲中の恋人と派手にケンカ別れしたばかり。それぞれ傷心を抱えた2人は、“ホーム・エクスチェンジ”のwebサイトを介して知り合い、クリスマスホリデイ期間だけお互いの家を交換して、異国の地で心のリフレッシュを図ることにする。
ギルバート・グレイプ
アイオワ州エンドーラ。生まれてから24年、この退屈な町を出たことがない青年ギルバートは、知的障害を持つ弟アーニー、過食症を病む250kgの母親、2人の姉妹の面倒を見ている。毎日を生きるだけで精一杯のギルバートの前に、ある日トレーラー・ハウスで祖母と旅を続ける少女ベッキーが現れる。ベッキーの出現によりギルバートの疲弊した心にも少しずつ変化が起こっていく。

おすすめ映画

アリス・イン・ワンダーランド
アリス・キングスレー、19歳。美しく成長した彼女は、ある日、求婚者から逃げ出し、誤ってうさぎ穴に落ちてしまう。その地下世界は、かつて少女アリスが迷い込んだワンダーランド。だが、ワンダーランドでの記憶を失っている彼女には、この世界の奇妙な生き物たちがなぜ自分を知ってて、その期間を喜ぶのか理解できなかった。だが、彼女との再会を帽子屋(マッドハッター)ほど待ち望んでいた者はいなかった。赤の女王の独裁下で、狂気を装い生き延びてきた帽子屋の唯一の希望・・・それは、いつの日か、救世主アリスが再び現れることだったのだ。自分の手にワンダーランドの運命が握られていることを、アリスをまだ知らなかった・・・。
シザーハンズ
エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまう。
ティム・バートンのコープスブライド
舞台は19世紀ヨーロッパのとある小さな村。成金の魚屋のヴァン・ドート夫妻の息子ヴィクターと没落貴族であるエヴァーグロット夫妻の娘ヴィクトリアとの政略結婚が親同士で進められていた。お互い一度も面識もない人と結婚することを不安に思っていたが結婚式前日、リハーサルのために初対面した2人は互い好意を抱く。しかし緊張したヴィクターはリハーサルで失敗を連発し怒った牧師に式の延期を言い渡されてしまう。困った彼は人気のない夜の森で結婚式の練習をしているとき目前に突き出ていた枯れ枝のようなものを花嫁の薬指に見たて指輪をはめたことから大変な事態に巻き込まれる。
ナイト ミュージアム
ニューヨークで暮らす失業中のラリーは前妻がが再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキーとのきずなを保つために、ラリーは自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受け、真夜中に警備を始める。ある夜、展示物が魔法を使ったように生き返り、ローマのグラディエーターやカウボーイたちがジオラマから飛び出して戦いを始める。
アイス・エイジ
2万年前の地球。寒さを避けて南へと移動する動物たちとは反対に、孤独を愛するマンモスのマニーだけは北へ向かう。仲間に置いて行かれ、身の危険を感じたナマケモノのシドはマンモスといれば安心とマニーについていく。その頃、人間たちの小さな集落をサーベルタイガーのソト率いる一軍が襲っていた。赤ん坊のロシャンを抱いて必死で逃げる母ナディアだったが、川に転落、母子に気づいたシドにロシャンを託し、ナディアは命を落とす。無関心のマニーをよそに、シドはロシャンを人間のもとに届けると言い出すと、そこへソトの仲間ディエゴが近づいてきた。
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹-ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、ロンドンの空襲を逃れて田舎に住むカーク教授に預けられる。古めかしく広大な教授の屋敷は、子供たちにとって最高の探検場所。好奇心旺盛な末っ子のルーシーは、“かくれんぼ”をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装だんすをみつける。見えない力に導かれるかのように衣装だんすに入り、毛皮のコートを押しのけて奥に進むといつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた。
シュレック2
旅の末、フィオナの呪いを解き、無事に結婚したシュレックとフィオナ。幸せな日々を送っていたが、ある日フィオナの両親から、結婚の祝いを行うので来る様にとの手紙が届く。嫌われるに決まっていると最初は渋っていたシュレックだが、同じく結婚したドラゴンと近頃気まずいというドンキーと共に仕方なくフィオナの故郷「遙か彼方の王国」に旅立ち、到着するもシュレックの予想通り、シュレックや怪物姿のフィオナを見た両親はびっくりし、怪物という偏見と考えが合わないことでシュレックと国王は喧嘩をしてしまう。
シュレック
シュレックは他の人からは怖がられている怪物である。その外見とは裏腹に本質は心の優しい彼は、人里離れた沼地で一人気楽に暮らしていた。ある日、シュレックは森の中でお調子者でおしゃべりなロバのドンキーと出会う。シュレックに怯えて逃げた兵達を見てシュレックが自分を救ってくれたと思い込み嫌がるシュレックについて行く。ドンキーのおしゃべりにうんざりしたシュレックが戻ってみると、彼の沼地には妖精やおとぎ話の主人公達が押し寄せてきていた。
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
七つの海を駆けめぐった海賊の時代が終ろうとしていた。世界制覇をもくろむ東インド会社のベケット卿は、“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズを操り、海賊たちを次々と葬っていく。彼らの生き残る道はただ一つ。9 人の“伝説の海賊”を招集し、世界中の海賊たちを蜂起させ決戦を挑むのみ。だが、その鍵を握る9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む永遠の地獄“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー(海の墓場)”に囚われているキャプテン・ジャック・スパロウだった…。総督の令嬢エリザベスと海賊の血を引くウィルは、甦った不死身の海賊キャプテン・バルボッサと共に、ジャック奪還の手掛りを握る中国海賊の長サオ・フェンのもとへと旅立つ。彼らの運命が再び交差するとき、海賊の史上最初にして最後の決戦の火蓋が切られる―。
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
呪われた海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ。しかし彼は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズにもうじき魂を奪われようとしていた。13年前にブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしており、その契約の刻限が迫っていたのだ。それでもジャックはその事態を打開するべく、命運を握るある鍵の行方を追い始める。一方、結婚式を挙げようとしていた鍛冶屋の青年ウィルと総督の娘エリザベスは、ジャックを逃がした罪で投獄されるハメに。やがて、2人は再びジャックに会わなければならない宿命となり、それぞれ彼のもとへ向かうのだが…。
ダーク・シャドウ
イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバスは、魔女アンジェリークによってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められてしまう。その後、ふとしたことで彼は200年の眠りから目覚めるが、コリンズ家はすっかり落ちぶれていた。バーナバスは、コリンズ家再建を末裔と成し遂げるべく、自らの父の言葉である「唯一の財産は家族」を胸に行動を起こす。
アイス・エイジ2
約2万年前の地球。温暖化の波が押し寄せ、氷河期(アイス・エイジ)は終わろうとしていた。マニー、シド、ディエゴをはじめ谷の動物たちはこのポカポカ陽気を満喫している。しかしある日、マニーたちは仲間から“このままだと5日後には大洪水が起こる”という不吉な情報を得る。そして実際に、水をせき止めて谷を守っていた氷壁が割れ始め、谷の動物たちは急いで水の少ない谷の反対側へと大移動を開始。だが、彼らはその道中でさまざまな障害に遭遇してしまう。
マダガスカル
ニューヨークのセントラルパーク動物園。ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアは大の仲良し。彼らは安全で快適な動物園の贅沢な暮らしをすっかり満喫していた。しかしある日、外の世界に憧れたマーティがテロリストのペンギンたちと一緒に動物園を脱走、マーティを連れ戻そうと後を追ったアレックスたちともども捕らえられ、ひょんなことから四頭はケニア行きの船に乗せられてしまう。さらに思わぬハプニングで海に投げ出された彼らは、やがてマダガスカル島に漂着。そこで現地の動物たちに迎えられ、生まれて初めて野生の生活に触れた四頭は、次第にそれぞれ本来の習性に目覚めていくのだった。
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリーは、最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニーらと“ダンブルドア軍団”を結成する。
レミーのおいしいレストラン
フランスの片田舎。ネズミのレミーは天才的な嗅覚と味覚を持ち、いつの日かシェフになることを夢見ていた。もちろん、それが叶わぬ夢と知りつつ。人間のキッチンにとって、ネズミは最も嫌われる存在だからだ。しかしある日、古巣を追われた家族と逃亡の途中ではぐれてしまったレミーの前に、彼が最も尊敬する亡き天才シェフ、グストーのゴーストが現れる。グストーはレミーを、パリにある自分が経営していたレストランにまで導いた。
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ヴォルデモート卿の支配力が強大になっていくなか、ハリーとダンブルドア校長は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、極めて重要な情報を握っているダンブルドアの旧友で元同僚ホラス・スラグホーンを学校に迎え入れる。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター。今年ホグワーツで伝説の“三大魔法学校対抗試合”が行われることになり、他校の生徒たちが大挙してやってきた。
ブルース・オールマイティ
ブルース・ノーランは、ニューヨーク州バッファローのローカル・テレビ局に勤めるレポーター。アンカーマンの座を目指す彼だったが、それをライバルのエヴァンに奪われ、ショックの余り放送禁止用語を口走ってクビになってしまう。さらにギャングから袋叩きにされ、同棲中の恋人グレースにも不満をぶつける始末。どん底に突き落とされたブルースのポケベルに、翌朝不思議な呼び出しが。彼を待っていたのは、清掃服姿の神だった。神はブルースに自分の役割を譲り、ブルースは全能の力を身につける。
シュレック3
シュレックとフィオナは、沼のほとりの小屋には戻らず、遠い遠い王国で蛙の姿に戻り、病に伏せるハロルド国王の代理として騎士叙任や新造船の進水式、パーティへの出席に明け暮れる。面倒で慣れない行事に苦戦し、うんざりしていたシュレックだったが、フィオナの父であるハロルド国王の症状が悪化し、逝去してしまう。王位は自分に相応しくないと思ったシュレックは、ハロルド国王が言い残したもう一人の王位継承者、フィオナの従兄弟のアーサーを連れてくるべく、ドンキーとドラゴンの子供達や妊娠したフィオナに見送られ、ドンキーや長靴をはいた猫と旅に出る。
ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1
物語はハリー、ロン、ハーマイオニーに課せられた使命であるヴォルデモート抹殺の鍵を握る“分霊箱”を見つけ出すところから始まる。今や守ってくれる人も、導いてくれる師も失い、これまで以上に固い結束を求められるハリーたち。しかし、闇の力が、しっかりと結ばれたはずの3人の絆を引き裂いていく・・・・・。 一方、かつてないほど危険な場所となった魔法界。長いあいだ恐れられてきたヴォルデモート卿の復活が現実のものとなり、魔法省ばかりか、ホグワーツ魔法魔術学校までもが死喰い人の支配下に置かれた今、安全な場所はもはやどこにもなくなった。ヴォルデモート卿の命令により、ハリーを生け捕りにしようとする死喰い人の魔の手が迫る。 そして、分霊箱の手がかりを探すうちに出会った「死の秘宝」の伝説。ほとんど忘れられた古い物語に記されたその伝説が本当なら、ヴォルデモートは、分霊箱を上回る究極の力を手に入れてしまうかもしれない・・・・・。 ハリーはまったく知らないが、彼の未来は、彼自身の過去によってすでに決められているのだ。“生き残った男の子”になった日に、ハリーの運命は決まった。 初めてホグワーツの門をくぐったあの日からずっと積み重ねてきた準備―――それらはすべて、このヴォルデモートとの決着の日のために・・・・・。