/dtz5f0fJ6CddCwa7aV4nfkb1qi2.jpg

トロン (1982)

いま、エレクトロンの宇宙

ジャンル : サイエンスフィクション, アクション, アドベンチャー

上映時間 : 1時間 36分

演出 : Steven Lisberger
脚本 : Steven Lisberger

シノプシス

ゲームセンターを経営している元コンピュータ技師(ジェフ・ブリッジス)は、自分を首にした会社社長(デイヴィッド・ワーナー)の不正を暴くべく会社に潜入するが、そこで罠にかかってコンピュータ世界の中に閉じこめられてしまう。やがて彼は全プログラムが支配する兵士たちに追われながらも、不正の捜査を続けるプログラムと協力しあい、敵の陰謀を打ち砕いていく…。

出演

Jeff Bridges
Jeff Bridges
Kevin Flynn / Clu
Bruce Boxleitner
Bruce Boxleitner
Alan Bradley / Tron
David Warner
David Warner
Ed Dillinger / Sark / Voice of Master Control Program
Cindy Morgan
Cindy Morgan
Lora / Yori
Barnard Hughes
Barnard Hughes
Dr. Walter Gibbs / Dumont
Dan Shor
Dan Shor
Ram/Popcorn Co-Worker
Peter Jurasik
Peter Jurasik
Crom
Tony Stephano
Tony Stephano
Peter / Sark's Lieutenant
Craig Chudy
Craig Chudy
Warrior #1
Vince Deadrick Jr.
Vince Deadrick Jr.
Warrior #2
Sam Schatz
Sam Schatz
Expert Disc Warrior
Michael Dudikoff
Michael Dudikoff
Conscript #2
Jackson Bostwick
Jackson Bostwick
Head Guard

製作陣

Wendy Carlos
Wendy Carlos
Original Music Composer
Steven Lisberger
Steven Lisberger
Director
Steven Lisberger
Steven Lisberger
Screenplay
Harrison Ellenshaw
Harrison Ellenshaw
Producer
Donald Kushner
Donald Kushner
Producer
Ron Miller
Ron Miller
Executive Producer
Bruce Logan
Bruce Logan
Director of Photography
Jeff Gourson
Jeff Gourson
Editor
Pam Polifroni
Pam Polifroni
Casting
Syd Mead
Syd Mead
Production Design
Dean Mitzner
Dean Mitzner
Production Design
John B. Mansbridge
John B. Mansbridge
Art Direction
Al Roelofs
Al Roelofs
Art Direction
Roger M. Shook
Roger M. Shook
Set Decoration
Eloise Jensson
Eloise Jensson
Costume Design
Rosanna Norton
Rosanna Norton
Costume Design
Lorry Richter
Lorry Richter
Costume Design
Nedra Rosemond-Watt
Nedra Rosemond-Watt
Costume Design
Jean Giraud
Jean Giraud
Conceptual Design
Ross Reynolds
Ross Reynolds
Stunts

ポスター、背景

/dtz5f0fJ6CddCwa7aV4nfkb1qi2.jpg
/7A4j45KLObMIlPLY5BmaA38NOCn.jpg

似たような映画

スノーピアサー
地球温暖化を防ぐため散布された薬品により氷河期になった2031年の地球。生き残った人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。前方車両では富裕層が以前と変わらぬ優雅な暮らしを送り、後方の一般民衆は奴隷のような扱いを受けていた。カーティスという男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。
大脱出
レイ・ブレスリンは刑務所の盲点を突いて合法の下で脱獄を試みる、伝説的なセキュリティ・コンサルタント。そんな彼に一人の女性が世界で最も難解な刑務所の脱獄を高額な報酬で依頼される。年齢的にも引退資金稼ぎに仕事を引き受けた彼は、突如拉致され身分を剥奪されたまま脱獄不可能と言われている刑務所、通称『墓場』に収監されてしまう。屈強な囚人たちを圧倒するほどの看守たちの暴力と監視により、一人で脱獄することは愚か、囚人や看守たちに追い詰められたブレスリンは、突如近寄って来た囚人、ロットマイヤーに助けられながら、二人で史上最大の大脱獄を試みようと決意する…。
バイオハザード ダムネーション
アメリカ合衆国大統領直属のエージェントのレオンは、東スラブ共和国の内戦で、生物兵器「B.O.W.」が使用されているという情報を受けて、一人で潜入を試みる。しかし、ほどなく東スラブ共和国から手を引くことが決定し、同国からの撤退命令が下る。だがレオンは「B.O.W.」の脅威によりこれ以上犠牲者を出さないため、撤退せずに単独で同国内での戦闘を継続する。
ウォーリー
環境が破壊され、人類が宇宙に移住した29世紀の地球。小さなロボット、ウォーリーはたった1台で700年も町を掃除している。ウォーリーの夢はたった一つ、ビデオで繰り返し見る大昔の映画のカップルのように、誰かと手をつなぐこと。ある日、巨大ロケットが着陸し、そこから1体のロボット、イヴが出現。彼女に一目惚れしたウォーリーは、なんとか彼女と話せないか悩むがイヴの目的は地球に植物がないかを調べることだった。
キング・コング
In this remake of the 1933 classic, an oil company expedition disturbs the peace of a giant ape and brings him back to New York to exploit him.
Vフォー・ヴェンデッタ
独裁国家となった未来のイギリス。TV局で働くイヴィーは外出禁止時間帯の夜に秘密警察に見つかり、絶体絶命の危機に見舞われたところを、"V"とだけ名乗る仮面の男に命を救われる。しかし、"V"と名乗るその男は、国家を相手にひとりテロ活動を続け、クラシック音楽の調べにあわせて街を爆破、TV局を不法占拠し、政府要人を暗殺していく、正体不明、経歴不詳、善か悪かの判別不能の男だった。1605年に国王の圧制に反発し国家転覆を図り失敗に終わったガイ・フォークスにならって、イギリスの反逆精神の象徴となったその日、11月5日-ガイ・フォークス・デイ-に、国民の決起を呼びかける"V"。正義か、犯罪か。"V"とは一体何者なのか?"V"と出会い、自分自身についての真実をも知るようになったイヴィーは、図らずも"V"の協力者となり、自由と正義を取り戻す革命のために立ち上がったー。
ガタカ
遺伝子操作により管理された近未来。宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設「ガタカ」に潜り込む。が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こりる。
人狼 JIN-ROH
敗戦から十数年。占領軍統治下の混迷を抜け、国際社会への復帰をめざし高度経済成長を続けるもう一つの日本。しかしスラム化した首都での凶悪犯罪が激増。武装する反政府勢力により首都圏治安警察機構との武力衝突が相次いだ。治安の番人として強化服と重火器で完全武装する、“ケルベロス”というその精鋭集団は、ゲリラを徹底的に排除してゆくのだった。
ヴィデオドローム
カナダのトロントにある地方TV局の社長が、奇妙なビデオテープを発見した。暴力と官能に溢れた映像に、彼とその恋人は次第に虜となっていく。やがてテープに秘められた恐るべき陥穽が明らかになる……。
デューン/砂の惑星
映像化不可能といわれたフランク・ハーバートの大長編SF小説を、前作「エレファント・マン」で成功をおさめた鬼才デビッド・リンチ監督・脚本により映画化。“デューン”と呼ばれる砂の惑星アラキスを舞台に繰り広げられる勢力争いを壮大なスケールで描く。後にテレビ放映用にナレーションと未公開シーンを加えた長尺版も製作されており、日本では「デューン/スーパープレミアム[砂の惑星・特別篇]」というタイトルで紹介されている。(映画.com)
ウォー・ゲーム
コンピュータ・マニアの高校生デビッドは,ゲーム会社のネットワークに不正アクセスして発売前の最新ゲームを盗み出そうとする。アクセスに成功し画面に現れたのは,あらゆる状況を想定した戦争シミュレーションのリストだった。大喜びのデビッドは「全面熱核戦争」を選びゲームを始める。攻撃目標はラスベガスと地元シアトルだ。同時刻、北米大陸防空司令部の戦略コンピュータは、ラスベガスとシアトルに核ミサイルが接近中とのミサイル警報を発令する。
トータル・リコール
P.K.ディックのSF小説をアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化。近未来の地球で一般労働者として働くクエイドは“リコール・マシン”の体験で本当の自分が圧政者の片腕だという事実を知る。そして、彼は記憶を取り戻すべく火星に向かう。
バトルランナー
2017年、独裁政権が支配し社会経済が混乱したアメリカ。正義感に溢れる警官ベン・リチャーズは、食料を求めて暴動を起こした一般市民への同情から発砲命令を拒否したため、無実の罪を着せられ凶悪犯として強制労働所へ収容されていた。施設で知り合った反政府組織のラフリンやワイスらと結託して脱獄するが捕らえられてしまう。人気司会者デーモン・キリアンが率いる「凶悪犯と正義の戦士との戦い」を放映するテレビ番組『ランニング・マン』のスタッフ達は、卓越した身体能力を持ち凶悪犯として時の人となっているベンに目をつけ、新たなチャレンジャーとしてベンに番組出演のオファーをする。
PLANET OF THE APES/猿の惑星
西暦2029年。土星付近で調査活動中の米空軍宇宙船オベロンには乗組員と遺伝子操作を受けて高い知能を持つ多数の類人猿も実験動物として搭乗していた。宇宙空間で磁気嵐を発見しチンパンジーが操縦するポッドを調査に向かわせるが通信途絶してしまう。宇宙飛行士のレオもポッドで捜索に向かうが嵐に吸い込まれ惑星に不時着する。そこは高い知能を持つ猿が人間を支配しており、レオは捕まってセード将軍に危険人物としてマークされるが人間に好意的なアリの助けで身近な人々と共に町を脱走する。
猿の惑星
地球を飛び立った宇宙船は1年余りの宇宙航行の末、とある惑星に不時着した。乗組員のテイラーたちは沈没してしまった宇宙船をあとにし、その陸地を彷徨い歩くと猿人たちが人間狩りをしている驚愕の光景を目にする。この星では高等動物の猿が、口の聞けない下等動物の人間を支配していたのだ。テイラーたちも捕まり、奴隷のように理不尽な扱いを受ける。しかし、テイラーはチンパンジーのジーラ博士とコーネリアス博士の理解と協力を得て、同じ人間の女性ノヴァと共に逃亡、新天地を探し求めていく。
クラッシュ
D・クローンネンバーグがセックスをテーマに取り上げ、カンヌ映画祭でその評価が賛否真っ二つに別れた問題作。CFプロデューサーのジェームス・バラードと妻のキャサリンはある日、出張で空港へ向かう途中ハイウェイ上で正面衝突事故を起こす。相手のドライバーは死亡。助手席に乗っていた女性ヘレンはジェームスと共に病院に担ぎ込まれる。やがて回復した2人だったが、彼らは事故の衝撃を通して思わぬ性的興奮を感じていた。そんな中、事故の体験により新しいエクスタシーを開拓した人々がいる事を知った彼らは、次第にその世界にのめり込んでゆく……。
アイ,ロボット
2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は、3原則によって守られていた。 一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。 一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。 一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。ある日、ロボット開発の権威である科学者が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していく。そして、想像を絶する恐ろしくも巨大な陰謀に巻き込まれていくのであった・・・・・・。
続・猿の惑星
禁断地帯を旅するテイラーとノバは、突如大きな地割れと炎に襲われテイラーは行方不明となってしまう。テイラーを追ってきたブレントの元にノバが現れ、ノバはテイラーの言付けに従い、ジーラに会うため町に案内する。ブレントはジーラ達の協力で禁断地帯へと向かうが、兵士に発見され地下に逃げ込んだ際、荒廃した地下鉄駅を見付け、未来の地球であることを知る。地下を進みニューヨークの廃墟にたどり着くと人類文明を破壊したコバルト爆弾を信仰し超能力を持つミュータント化した人類に出会う。
新・猿の惑星
ミュータント人類と猿類との戦争は、地球の消滅で幕を閉じた。コーネリアスとジーラはその直前に宇宙船で脱出したが、たどり着いたのは1973年の地球であった。最初はサルを好意的に受け入れた米国社会だったが、地球の未来が「サルによる人間の支配」であることが判明し、動揺が広がる。人間達はコーネリアス達を疎むようになり、2匹は命を狙われ始める。

おすすめ映画

トロン:レガシー
デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリンが謎の失踪を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サムに父ケヴィンからのメッセージが届く。サムは、父ケヴィンの消息を追って父のオフィスに足を踏み入れるが、そこには衝撃的な真実が待ち受けていた。
The Iceman Cometh
During the Ming dynasty, Yuen Biao is a royal guard charged to capture a dangerous criminal. The battle which opposes them will make them fall into ice. Three centuries later, nowdays, the archaeologists give them again the life. Only a black jade Buddha and a temporal wheel would be able to make them return in their time. The battle would start again.
Machines
This portrayal of the rhythm of life and work in a gigantic textile factory in Gujarat, India, moves through the corridors and bowels of the enormously disorienting structure—taking the viewer on a journey of dehumanizing physical labor and intense hardship.
ウォー・ゲーム
コンピュータ・マニアの高校生デビッドは,ゲーム会社のネットワークに不正アクセスして発売前の最新ゲームを盗み出そうとする。アクセスに成功し画面に現れたのは,あらゆる状況を想定した戦争シミュレーションのリストだった。大喜びのデビッドは「全面熱核戦争」を選びゲームを始める。攻撃目標はラスベガスと地元シアトルだ。同時刻、北米大陸防空司令部の戦略コンピュータは、ラスベガスとシアトルに核ミサイルが接近中とのミサイル警報を発令する。
スタートレックIV 故郷への長い道
23世紀。カークらUSSエンタープライズの乗組員たちはスポックの故郷バルカン星で暮らすが、船を勝手に動かした責任を取る覚悟で地球に戻ろうと決心。同じころ地球に強力な電波を発信する異星の探査船が接近する。電波のせいで滅亡寸前になった地球だが、カークたちは探査船を送ったエイリアンの目的がザトウクジラだと気付く。エイリアンは太古から地球のザトウクジラと交信していたが、ザトウクジラは21世紀に絶滅していた。
スター・トレック2 カーンの逆襲
無人惑星セティ・アルファ・Vに、残虐非道なカーンが幽閉されていた。カーンはある理由から、USSエンタープライズ号のカーク船長を恨み続けていた。そんな時、この星にUSSリライアント号の乗組員ふたりがやってきた。彼らを捕らえたカーンは、カークの恋人だったキャロルが無から生命を生み出すという“ジェネシス計画”を立てていることを知り、この計画の乗っ取りとカークの抹殺をもくろむ。
スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!
USSエンタープライズのカーク船長に恨みを持つカーンのせいで、カークの仲間スポックは命を落とし、遺体はジェネシス装置によって生まれ変わった惑星ジェネシスに葬られた。実はスポックは死の間際、自己の魂(カトラ)を仲間のマッコイの脳に移していた。それに気付いたカークはマッコイらとジェネシスに向かう。惑星には先にカークの息子デビッドのチームが到着するが、地球を含む惑星連邦と敵対するクリンゴン人に襲われる。
デューン/砂の惑星
映像化不可能といわれたフランク・ハーバートの大長編SF小説を、前作「エレファント・マン」で成功をおさめた鬼才デビッド・リンチ監督・脚本により映画化。“デューン”と呼ばれる砂の惑星アラキスを舞台に繰り広げられる勢力争いを壮大なスケールで描く。後にテレビ放映用にナレーションと未公開シーンを加えた長尺版も製作されており、日本では「デューン/スーパープレミアム[砂の惑星・特別篇]」というタイトルで紹介されている。(映画.com)
スターゲイト
若き考古学者ダニエルは、70年前の謎の遺跡で発掘された巨大な「環」へと案内される。軍の依頼により、長年解読不可能だった石板に刻まれた古代文字を説き明かした途端、凄まじい轟音と光の渦の中で何千年もの間封印されていた「環」の力が解き放たれた。
トータル・リコール
P.K.ディックのSF小説をアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化。近未来の地球で一般労働者として働くクエイドは“リコール・マシン”の体験で本当の自分が圧政者の片腕だという事実を知る。そして、彼は記憶を取り戻すべく火星に向かう。
Krull
A prince and a fellowship of companions set out to rescue his bride from a fortress of alien invaders who have arrived on their home planet.
スター・トレックVI 未知の世界
23世紀。クリンゴン人のある資源衛星が事故により爆発し、同衛星では大気汚染が進み、あと何十年かで同惑星が壊滅する事実が判明する。惑星連邦は講和を申し入れてきたクリンゴン帝国の宰相ゴルコンに対し、カーク船長率いる宇宙船USSエンタープライズの護衛をつけるが、カークの部下スポックが講和を望む一方、かつて自分の息子をあるクリンゴン人に殺された過去があるカークは、講和という事態を受け入れるのに躊躇していた。
スター・トレック
雲状の巨大な何かが銀河系を通って地球に向かって突き進んでくる。提督に昇進したカークだが、かつて自分が率いたUSSエンタープライズと乗組員たちを、あらためて率いるよう依頼される。カークはそこにかつての部下たちを召集するが、物体は地球まであとわずかという距離に接近。“何か”の中に“ヴィジャー”と名乗る謎の存在がいることを突き止めるが、“ヴィジャー”は自身を作り出した創造主“クリエイター”を捜していた。
ロボコップ
舞台は近未来のデトロイト。かつて自動車産業で栄華を誇ったこの街は犯罪都市と化し、巨大コングロマリット企業オムニ・コンシューマ・プロダクツ(OCP、通称オムニ社)によって警察(民営化されていて警察官から一般職員に至るまで会社員)を含む街全体が支配されていた。 アレックス・マーフィー巡査は、一連の警官殺しにおける犯人とされ指名手配中のマフィアであるクラレンス一味を追っていた。マーフィーはカーチェイスの末に一味の隠家を発見、潜入するも惨殺される。犯罪撲滅のため「警官のロボット化」を企画していたオムニ社は、死亡診断が下されたマーフィーの死していない生体部分を部品として利用、彼をロボコップとして蘇らせる。 ロボコップは驚異的な性能で優秀な成果をあげ、街の治安は少しずつ取り戻されて行った。しかし、ロボコップ自身は人間だった頃の記憶の断片に悩まされ、ついには自分が何者であったかを知ってしまう。
スター・ファイター
カリフォルニアのトレーラー・キャンプに住むアレックス青年は、キャンプの雑用係として働いている。ガール・フレンドのマギーとのデートがキャンセルになった日、唯一の楽しみであるビデオゲーム「スター・ファイター」に挑戦し最高点をあげた夜、宇宙人のセントーリが現わる。セントーリは、ズアーという男が宇宙の権力を握ろうとしていることと、宇宙戦闘機隊に宇宙戦士として参加して欲しいとアレックスに伝える。
バトルランナー
2017年、独裁政権が支配し社会経済が混乱したアメリカ。正義感に溢れる警官ベン・リチャーズは、食料を求めて暴動を起こした一般市民への同情から発砲命令を拒否したため、無実の罪を着せられ凶悪犯として強制労働所へ収容されていた。施設で知り合った反政府組織のラフリンやワイスらと結託して脱獄するが捕らえられてしまう。人気司会者デーモン・キリアンが率いる「凶悪犯と正義の戦士との戦い」を放映するテレビ番組『ランニング・マン』のスタッフ達は、卓越した身体能力を持ち凶悪犯として時の人となっているベンに目をつけ、新たなチャレンジャーとしてベンに番組出演のオファーをする。
アビス
原潜USSモンタナは深海で何かに当たって座礁し、連絡が途絶える。海軍大尉コフィは捜索のため、海底油田基地ディープコアに、同基地の設計者であるリンジーとともに乗り込む。基地ではリンジーの夫バッドも働いていたが、夫妻の仲は冷え切っていた。見つかった原潜に生存者はいないが、リンジーはそこで奇妙な生命体を目撃。やがて嵐のせいで海上の基地とディープコアを結ぶケーブルが切れ、同基地の面々の生命に危機が迫る。
ハイランダー 悪魔の戦士
太古から生き続ける不死の一族。彼らは首を斬られない限り死ぬことはない。そして、最後の一人が残ったとき、未知の秘宝が蘇る……。「レイザーバック 」のラッセル・マルケイ監督が、クリストファー・ランバート、ショーン・コネリーなどの布陣で、現代のニューヨークを舞台に、謎の一族<<ハイランダー>>の戦いを描いたSFファンタジー。
マッドマックス/サンダードーム
荒野を彷徨い続けるマックスは、航空機を操る謎の親子連れに乗り物や装備を奪われる。 徒歩でたどり着いた“バータータウン”は、物々交換で成り立つ街だった。街の支配者であるアウンティに腕前を買われたマックスは、自分の持ち物を取り戻すべく、全ての問題を解決するために設けられたステージ“サンダードーム”にて、街の裏の支配者であるマスター・ブラスターと戦うことになる。
ショート・サーキット
軍事用に開発されたロボットが落雷によってショート、人間的な感情を持ち始める。ナンバーファイブと名づけられたそのロボットは基地から脱走、軍は彼を破壊しようと追跡を開始する。偶然、ナンバーファイブと知り合った女性との交流をからめた、ロボット版「E.T.」。