/n4nXOWVOn3Y2zYqtsMSQusVVxBt.jpg

プラダを着た悪魔 (2006)

こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあたなの物語。

ジャンル : コメディ, ドラマ, ロマンス

上映時間 : 1時間 50分

演出 : David Frankel
脚本 : Aline Brosh McKenna

シノプシス

恋に仕事にがんばるあなたへ贈る、ゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー。大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、一流ファッション誌‘RUNWAY’のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントに。そこは恐怖のポストだった!キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。私って、本当は何をしたいんだっけ?

出演

Anne Hathaway
Anne Hathaway
Andy Sachs
Meryl Streep
Meryl Streep
Miranda Priestly
Emily Blunt
Emily Blunt
Emily
Stanley Tucci
Stanley Tucci
Nigel
Simon Baker
Simon Baker
Christian Thompson
Adrian Grenier
Adrian Grenier
Nate
Tracie Thoms
Tracie Thoms
Lily
Rich Sommer
Rich Sommer
Doug
Daniel Sunjata
Daniel Sunjata
James Holt
David Marshall Grant
David Marshall Grant
Richard Sachs
James Naughton
James Naughton
Stephen
Tibor Feldman
Tibor Feldman
Irv Ravitz
Rebecca Mader
Rebecca Mader
Jocelyn
Jimena Hoyos
Jimena Hoyos
Lucia
Gisele Bündchen
Gisele Bündchen
Serena
George C. Wolfe
George C. Wolfe
Paul
John Rothman
John Rothman
Editor
Stephanie Szostak
Stephanie Szostak
Jacqueline Follet
Colleen Dengel
Colleen Dengel
Caroline
Suzanne Dengel
Suzanne Dengel
Cassidy
Heidi Klum
Heidi Klum
Self
Valentino Garavani
Valentino Garavani
Self
Bridget Hall
Bridget Hall
Self
Ines Rivero
Ines Rivero
Clacker in Elevator
Alyssa Sutherland
Alyssa Sutherland
Clacker
Robert Verdi
Robert Verdi
Fashion Reporter
Paul Keany
Paul Keany
St. Regis Butler
David Callegati
David Callegati
Massimo
Rori Cannon
Rori Cannon
Girl at Party
Stan Newman
Stan Newman
John Folger
James Cronin
James Cronin
Ambassador
Eric Seltzer
Eric Seltzer
Roy
Lindsay Brice
Lindsay Brice
PR Woman
Steve Benisty
Steve Benisty
Fashion Photographer
John Graham
John Graham
Book Guy
Wells Dixon
Wells Dixon
Miranda's Driver
Ilona Alexandra
Ilona Alexandra
Red Carpet Celebrity (uncredited)
Frank Anello
Frank Anello
Security (uncredited)
Alexander Blaise
Alexander Blaise
French Bellhop (uncredited)
Marie Brandt
Marie Brandt
Fashion Show Attendee (uncredited)
Carl Burrows
Carl Burrows
Businessman (uncredited)
Dono Cunningham
Dono Cunningham
Fashion Photographer (uncredited)
Guy A. Fortt
Guy A. Fortt
Security (uncredited)
Alexie Gilmore
Alexie Gilmore
Clacker (uncredited)
Toree Hill
Toree Hill
Guest (uncredited)
Vivian Kalinov
Vivian Kalinov
Black & White Ball Guest (uncredited)
Tim Krueger
Tim Krueger
Fund Raiser (uncredited)
Hector Lincoln
Hector Lincoln
Self (uncredited)
Nina Lisandrello
Nina Lisandrello
Clacker (uncredited)
Zev McAllister
Zev McAllister
Runway Editor (uncredited)
Denis McKeown
Denis McKeown
Black & White Ball Guest (uncredited)
Mateo Moreno
Mateo Moreno
Businessman (uncredited)
Matt Murray
Matt Murray
Paparazzo (uncredited)
Ingrid Sophie Schram
Ingrid Sophie Schram
Clacker (uncredited)
Bobby Shue
Bobby Shue
Runway Staff (uncredited)
Brandhyze Stanley
Brandhyze Stanley
Waitress (uncredited)
Jen Taylor
Jen Taylor
Lou - Dowager (uncredited)
Taylor Treadwell
Taylor Treadwell
Miranda's New Assistant (uncredited)
Lynne Valley
Lynne Valley
Editor (uncredited)
Donatella Versace
Donatella Versace
Self (uncredited)
Lauren Weisberger
Lauren Weisberger
The Twins' Nanny (uncredited)
Laura D. Williams
Laura D. Williams
Runway Magazine Model / Party Guest (uncredited)

製作陣

David Frankel
David Frankel
Director
Aline Brosh McKenna
Aline Brosh McKenna
Screenplay
Wendy Finerman
Wendy Finerman
Producer
Karen Rosenfelt
Karen Rosenfelt
Executive Producer
Joseph M. Caracciolo Jr.
Joseph M. Caracciolo Jr.
Executive Producer
John Bernard
John Bernard
Line Producer
Theodore Shapiro
Theodore Shapiro
Original Music Composer
Florian Ballhaus
Florian Ballhaus
Director of Photography
Mark Livolsi
Mark Livolsi
Editor
Ellen Lewis
Ellen Lewis
Casting
Jess Gonchor
Jess Gonchor
Production Design
Anne Seibel
Anne Seibel
Art Direction
Tom Warren
Tom Warren
Art Direction
Lydia Marks
Lydia Marks
Set Decoration
Patricia Field
Patricia Field
Costume Design
John A. Machione
John A. Machione
Unit Production Manager
Judy Richter
Judy Richter
Unit Production Manager
Lauren Weisberger
Lauren Weisberger
Novel
Amanda Pollack
Amanda Pollack
First Assistant Editor
Andrew Weisblum
Andrew Weisblum
Main Title Designer
Robert Chiu
Robert Chiu
Hairstylist
Angel De Angelis
Angel De Angelis
Key Hair Stylist
Maya Hardinge
Maya Hardinge
Makeup Artist
J. Roy Helland
J. Roy Helland
Makeup & Hair
Nicki Ledermann
Nicki Ledermann
Key Makeup Artist
Evelyne Noraz
Evelyne Noraz
Makeup Artist
Miguel Santos
Miguel Santos
Hairstylist
Ali Cherkaoui
Ali Cherkaoui
First Assistant Director
Stephen Lee Davis
Stephen Lee Davis
First Assistant Director
Murphy Occhino
Murphy Occhino
Second Second Assistant Director
Michael Pitt
Michael Pitt
Second Assistant Director
Gary S. Rake
Gary S. Rake
Second Second Assistant Director
Rick Chefalas
Rick Chefalas
Assistant Sound Editor
Tom Fleischman
Tom Fleischman
Sound Re-Recording Mixer
Lawrence Herman
Lawrence Herman
Sound Recordist
Kenton Jakub
Kenton Jakub
ADR Editor
Michel Kharat
Michel Kharat
Production Sound Mixer
George A. Lara
George A. Lara
Foley Mixer
Branka Mrkic
Branka Mrkic
Dialogue Editor
Igor Nikolic
Igor Nikolic
Foley Editor
T.J. O'Mara
T.J. O'Mara
Production Sound Mixer
Dan Paikin
Dan Paikin
Boom Operator
Nicholas Renbeck
Nicholas Renbeck
Supervising Sound Editor
Wyatt Sprague
Wyatt Sprague
Sound Effects Editor
Lidia Tamplenizza
Lidia Tamplenizza
Apprentice Sound Editor
Paul Urmson
Paul Urmson
Supervising Sound Editor
Steven Visscher
Steven Visscher
Foley Supervisor
Allan Zaleski
Allan Zaleski
Sound Effects Editor
Guy Botham
Guy Botham
Executive Visual Effects Producer

トレーラーと他のビデオ

「プラダを着た悪魔」 好評発売中

ポスター、背景

/n4nXOWVOn3Y2zYqtsMSQusVVxBt.jpg

似たような映画

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹-ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、ロンドンの空襲を逃れて田舎に住むカーク教授に預けられる。古めかしく広大な教授の屋敷は、子供たちにとって最高の探検場所。好奇心旺盛な末っ子のルーシーは、“かくれんぼ”をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装だんすをみつける。見えない力に導かれるかのように衣装だんすに入り、毛皮のコートを押しのけて奥に進むといつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた。
シンドラーのリスト
1939年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、一旗揚げようとこの街にやって来た。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められ事業はたちまち軌道に乗る。
メリー・ポピンズ
1910年、ロンドン。気難しい銀行家バンクスは、娘ジェーンと息子マイケルの教育のため、新しい家庭教師を探す。わんぱく盛りの子どもたちのせいで、家庭教師が居着かないのだ。そんなある朝、メリー・ポピンズと名乗る家庭教師の女性が傘を差して風に乗ってやって来る。優しくて楽しく、おまけに不思議な力を持ったメリーに子どもたちはたちまち夢中になる。だが、子どもを厳しくしつけたいバンクスはメリーが気に入らなかった。
ティファニーで朝食を
朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、 眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。
マイノリティ・リポート
西暦2054年、ワシントンDC。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用し、大きな成果をあげていた。それは、“プリコグ”と呼ばれる3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が実際に起きる前に犯人となる人物を捕まえてしまうというもの。ジョン・アンダートンはその犯罪予防局のチーフとして活躍していた。しかし、ある日、ジョンは自分が36時間以内に見ず知らずの他人を殺害すると予知されたことを知る。一転して追われる立場になったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走する。
ジャッキー・ブラウン
70年代テイストを前面に押し出した、クセ者スター勢揃いの、クエンティン・タランティークのクライム・サスペンス。 黒人スチュワーデスのジャッキー・ブラウンは、密売人の売上金をメキシコからアメリカに運ぶ副業を持っていた。だが、ひょんなことから逮捕され、捜査官レイに密売人オデールの逮捕に協力するよう強要される。オデールが証拠隠滅のために自分を消そうとしていることを知ったジャッキーは、関係者をあざむき、お互いに潰し合わせようとする。
時計じかけのオレンジ
スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SF。近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが……。
薔薇の名前
中世イタリアの修道院に、イギリスの修道士がやってきた。彼は、おりしも発生した連続殺人事件を調査することになるが……。ウンベルト・エーコの暗喩と象徴に満ちた同名小説の映画化作品。
アメリ
小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ。22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた。そして、あることをきっかけに、他の人を幸せにすることに喜びを見出したアメリ。他人の人生にこっそりおジャマしてはたのしい悪戯を仕掛け、人知れずお節介を焼いて回るのだった。そんなアメリも自分の幸せにはまったく無頓着。ある日、不思議な青年ニノに出会ったアメリはたちまち恋に落ちてしまうのだったが、アメリは自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ない……。
北北西に進路を取れ
広告会社社長のロジャー・ソーンヒルは多忙で、今も秘書をタクシーに乗せて車内でスケジュールの確認中である。プラザ・ホテルで一人降りたソーンヒルは友人たちの待つラウンジへ向う。酒を飲む前に電報を打つ用事を思い出したソーンヒルはボーイに向って手を挙げるが、その手と”お客様のジョージ・カプラン様”の呼び出しの声が重なった。その様子を見ていた二人組は席を立ったソーンヒルに銃を突きつけ、人知れず車に乗せる。それはNYからラシュモア山までの苦難の道のりの始まりであった。
アウトサイダー
オクラホマ州タルサ。14歳のポニーボーイが住むこの町は、貧しい“グリース”たちが住むイースト・サイドと金持ちの“ソッシュ”たちが住むウェスト・サイドに分かれ対立していた。ある日、ポニーボーイはグリースのリーダー格、ダラスと親友ジョニーと共に遊びに行ったドライブインシアターでソッシュの女の子チェリーと出会う。以来彼女に想いを寄せるポニーボーイ。だが、このことをきっかけとしてソッシュたちと喧嘩沙汰に。その対決の末、ポニーボーイとジョニーは相手のリーダーを刺してしまう。
スタンド・バイ・ミー
1959年、オレゴン州の田舎町に暮らす12歳の仲良し少年4人組、背が低いゴーディ、リーダー格のクリス、メガネのテディ、ふとっちょのバーンは思春期を迎え、親や兄弟に対する愛憎や将来の不安などそれぞれ悩んでいた。ある夏の日、彼らはクリスの兄ら不良グループから、行方不明になった少年の遺体が森にあるという噂を聞く。遺体を発見できれば英雄になれると興奮した4人は、こっそり家を抜け出して探索へ出発する。
ゴッドファーザー
シシリーからアメリカに移住し、一代で財を成したドン・コルレオーネ。三男のマイケルはひとり堅気な人生を送ろうとしていたが、敵対するファミリーにドンが襲われ重傷を負った時、彼は報復を決意する。そしてニューヨークは抗争の場と化していった……。
ナチュラル・ボーン・キラーズ
クエンティン・タランティーノの原案を社会派作家オリヴァー・ストーンが映画化。マスコミの過熱報道で若者のヒーローとなってしまった殺人犯、ミッキー&マロリーを描く。実際のニュース映像や75曲もの音楽のコラージュで作り上げた斬新な映像は圧巻。
ゴッドファーザー PART III
コルレオーネ・ファミリーを描いた壮大なドラマの最終章。ファミリーのドンとなったマイケルは、バチカンの加護を得て一切の犯罪から手を引くことを宣言した。だが後継者に甥のビンセントを立てたことから内部抗争に火がついてしまう。自身も病に蝕まれるマイケルは何とか事態の収拾を図ろうとするのだが……。
キング・コング
Adventurous filmmaker, Carl Denham, sets out to produce a motion picture unlike anything the world has seen before. Alongside his leading lady Ann Darrow and his first mate Jack Driscoll, they arrive on an island and discover a legendary creature said to be neither beast nor man. Denham captures the monster to displayed on Broadway as Kong, the eighth wonder of the world.
アバウト・ア・ボーイ
ウィル・フリーマン。38歳、無職、独身。ノース・ロンドンに住み、亡き父がクリスマス・ソングを一発ヒットさせたおかげでお気楽な印税生活を送っていた。ある日、ウィルは12歳の少年マーカスと出会う。マーカスはシングルマザーの母親フィオナのひどい鬱病に悩んでいた。そんな矢先、フィオナが自殺を図る。フィオナはウィルの素早い対応で事なきを得るが、マーカスは母をこれ以上一人にしておけないと考え、ウィルと母のデートをセッティングする。そうこうしてるうち、次第にウィルのアパートに入り浸るようになるマーカス。生活のリズムを狂わされ困惑するウィルだったが…。
Willy Wonka & the Chocolate Factory
When eccentric candy man Willy Wonka promises a lifetime supply of sweets and a tour of his chocolate factory to five lucky kids, penniless Charlie Bucket seeks the golden ticket that will make him a winner.
007/死ぬのは奴らだ
ブードゥー教でハーレムを支配し、ソ連・スメルシュの一員でもある黒人犯罪王ミスター・ビッグは、海賊“血まみれモーガン”の財宝の金貨をアメリカ国内に持ち込み資金源としていた。イギリス秘密諜報部員007ジェームズ・ボンドはニューヨークに派遣され、FBIのデクスター主任やCIAのフェリックス・ライターと協力して調査を開始するが、すでにその情報を掴んでいたミスター・ビッグから手荒い歓迎を受ける。だが、霊感能力を持ち、ミスター・ビッグが妻にしようとしているソリテールが寝返り、ボンドは彼女とセントピーターズバーグへ向かうが、そこで彼女は奪い返され、フェリックス・ライターも鮫に片腕・片脚を食いちぎられた姿で送り届けられる。怒りに燃えるボンドは、ジャマイカでミスター・ビッグと最後の対決を行う。
キング・コング
無謀な映画監督が冒険映画撮影のため、幻の孤島へ向かう。そこで彼らを待ち受けていたのは、巨大なキング・コングだった。1933年製作の特撮映画の金字塔を、ピーター・ジャクソン監督がリメイクしたアドヴェンチャー作品。

おすすめ映画

ミーン・ガールズ
動物学者の両親を持つケイディは、ずっとアフリカで暮らしていたが、16歳になってアメリカ合衆国のシカゴの郊外に引っ越してきた。新しい環境に馴染めるかと心配する両親をよそに楽天的なケイディだったが、いざ学校に行ってみると、そこは細かいルールが幅を利かす世界だった。すぐにジャニスとダミアンという友人が出来るも、ケイディは戸惑うばかり。そんなある時、同級生レジーナをクイーンとする人気グループ"Plastics"に気に入られる。 <リンジー・ローハン主演の学園コメディ。保護者指導教員であるロザリンド・ワイズマンのノンフィクション『女の子って、どうして傷つけあうの?(Queen Bees and Wannabes)』が原作となっている。>
プリティ・プリンセス
サンフランシスコで母親と2人で暮らすミアは冴えない女子高生。人前に立つことも運動も苦手で、地味で野暮ったい彼女をまともに相手にしてくれるのは親友のリリーとその兄のマイケルのみ。それでも消防署をリフォームした個性的な家で、奔放な画家の母と共に自由且つ幸せに暮らしていた。 そんなある日、ミアは、自分の亡き父フィリップが、ヨーロッパにあるジェノヴィア(架空の国、スペインとフランスの間にある小国の設定)の女王クラリスの息子であり、女王の孫である自分が唯一の王位継承者であることを知らされる。突然のことに、ミアは、事実を隠し続けて来た母にも、自分を王女としてジェノヴィアに連れて行こうとする祖母にも反発する。それでも、王位継承とは別に、王女としてのお披露目となる舞踏会に出席するために「プリンセス教育」を受けることを、ミアはしぶしぶ承諾するしかなかった。
マンマ・ミーア!
ギリシャの美しいリゾート地、カロカイリ島。小さなホテルを営む母親ドナのもとで育ったひとり娘ソフィに恋人スカイと結婚する日が近づく。自分の父親を知らないソフィはこの機に乗じ、自分の父親である可能性が高い男性3人、建築家のサム、銀行マンのハリー、冒険家のビルに、自分の結婚式に出席してほしいと手紙を出す。そしてそれを読んだサムたち3人がカロカイリ島を訪れる。
ブライダル・ウォーズ
幼い頃からいつも一緒に過ごしてきた親友同士のリブとエマ。偶然にも同じ日に婚約した2人は同じホテルでの結婚式を計画するが、ホテル側の手違いで同じ日の同じ時間にダブルブッキングされてしまう。お互い譲れないリブとエマは、ライバル心をむきだしにして壮絶なバトルを開始する。
シザーハンズ
エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまう。
プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング
前作から5年後、大学を卒業したミアは祖母クラリスに代わって女王に即位することになっていた。祖国ジェノヴィアに到着した彼女は、21歳を祝う誕生パーティーでハンサムな青年ニコラスと運命的な出会いをする。 しかし、そんな彼女に問題が起きる。自分の甥のデヴロー卿を王位に就かせ権力を握ろうとしていたメイブリー子爵は、ミアに王位継承権が無いことを告げる。ジェノヴィアの法律では、女性は既婚でなければ王位に就けないのだった。前時代的とのクラリスの反対にもかかわらず、伝統を重んじる議員たちは、ミアが30日以内に結婚しなければデヴロー卿を王位に就かせることを決定する。ミアの意思を完全に無視した議会の決定に、当然のごとく憤るミアは、更にそのデヴロー卿がニコラスであると知ると、一段と怒りを募らせる。かくしてミアの花婿探しが始まる。
きみに読む物語
ニック・カサヴェテス監督が実母と共同監督した純愛映画。アルツハイマー症に侵されたひとりの女性が、彼女を愛する男によって奇跡的に病を克服する物語。世代に関係なく感動できるストーリーだ。
チャーリーとチョコレート工場
チャーリー少年は、失業中の父と母、そして祖父母がふた組の、極度に貧乏な家で、けなげに明るく暮らしていた。ある時、家のすぐそばにある世界一のチョコレート工場の主、ウィリー・ウォンカ氏が、幸運な5人の子供たちに工場内を見学する許可を与える声明を発表。ウォンカ製のチョコレートに入ったゴールデンチケットを引き当てたのは、肥満少年のグループ、富豪のわがまま娘ヴェルーカ、賞獲り少女のヴァイオレット、ゲームおたくの少年マイク。そして最後の1枚がチャーリーの手元に転がりこんだ。
Mr.&Mrs. スミス
一見ゴージャスなカップルだが、実は敵対する国際的組織の殺し屋同士。といえば殺伐とした話のようだが、愛し合う者同士だからこそ楽しい、究極の夫婦ゲンカといえそうなのが本作。「ボーン・アイデンティティー」「フェア・ゲーム」のD・リーマン監督は速いテンポでアクションを畳みかけながら、ブラピとジョリーという2大美男美女スターの顔合わせをコミカルかつオシャレに盛り上げている。
ステイ・フレンズ
仕事を通して出会ったヘッドハンターとアート・ディレクターが意気投合。相性ぴったりの2人は、恋愛感情抜きで体だけの理想の関係を始めることにするが...。
魔法にかけられて
魔法の王国《アンダレーシア》のプリンセス、ジゼルは、王子エドワードと運命的に出会って婚約。だが2人の結婚で王位を失うことになるナリッサ女王は実は魔女で、結婚式の日にジゼルをある井戸に突き落としてしまう。ジゼルが着いたのは現実の世界の大都会NY。現実の世界に知り合いがいないジゼルは行くあてもなく困るが、妻と別れた離婚調停専門の弁護士ロバートに偶然救われ、彼とその娘モーガンの自宅に居候することになる。
ブルース・オールマイティ
ブルース・ノーランは、ニューヨーク州バッファローのローカル・テレビ局に勤めるレポーター。アンカーマンの座を目指す彼だったが、それをライバルのエヴァンに奪われ、ショックの余り放送禁止用語を口走ってクビになってしまう。さらにギャングから袋叩きにされ、同棲中の恋人グレースにも不満をぶつける始末。どん底に突き落とされたブルースのポケベルに、翌朝不思議な呼び出しが。彼を待っていたのは、清掃服姿の神だった。神はブルースに自分の役割を譲り、ブルースは全能の力を身につける。
ジュリー&ジュリア
1949年、パリでフランス料理の虜となったアメリカ女性ジュリア。彼女は名門ル・コルドン・ブルーで学ぶと、家庭で誰でも作れる524のレシピを本にまとめて出版する。本はベストセラーとなり、彼女はテレビの料理番組に出演するなど一躍人気者となった。それから50年後のニューヨーク。小説家になる夢に破れた29歳のOLジュリーは、人生を変えるためにある無謀な計画を立てる。それは、365日かけてジュリアが書いた524のレシピに挑戦し、その過程を毎日ブログに綴ることだった……。
プリティ・ウーマン
凄腕の企業乗っ取り屋エドワードは、モースが経営する会社を買収するためロサンゼルスへ。ビバリーヒルズのホテルに泊まり、夜のハリウッドをドライブすると、そこで若い売春婦ビビアンと出くわす。彼女を気に入ったエドワードは1週間もの間、彼女を雇って自分のそばにいさせる。やがて2人の間には本物の愛情が芽生え始めるが、片やビジネスマンで片や売春婦。暮らす世界の違いからビビアンは彼と別れる決心を固める。
きっと、星のせいじゃない。
ヘイゼルはインディアナポリスに住む女の子だが甲状腺がんで肺にも転移してしまった。ヘイゼルの母フラニーは彼女にがん患者支援団体に参加して友達を作ることを強く勧め、そこで骨肉腫で足を失ったオーガスタスと出会った。その後、二人は親しくなり、お互いのおすすめの小説を読むことにしたが、オーガスタスは本を読み終えた後、唐突な結末に苛立ち、作者のピーター・ヴァン・ホーテンに会うためチャリティー団体の支援を受けてアムステルダム行きの飛行機のチケットを入手する。
ブリジット・ジョーンズの日記
出版社勤務の32歳、ブリジット・ジョーンズは禁煙とダイエットを決意する。そんな矢先、気になる上司ダニエルからEメールが届き……。ヘレン・フィールディングの大ベストセラーを映画化したラヴ・コメディ。
ブラック・スワン
ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナは、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマスは、花形のベスを降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。
ナイト ミュージアム
ニューヨークで暮らす失業中のラリーは前妻がが再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキーとのきずなを保つために、ラリーは自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受け、真夜中に警備を始める。ある夜、展示物が魔法を使ったように生き返り、ローマのグラディエーターやカウボーイたちがジオラマから飛び出して戦いを始める。
あなたは私の婿になる
ニューヨークの出版社に勤めるやり手の編集長マーガレット。40代独身で妥協を許さない彼女は、部下たちから“魔女”と恐れられていた。ある日、彼女は入国管理局から国外退去を命じられる。カナダ国籍の彼女は、忙しさでビザの申請を忘れていたのだ。なんとか処分を逃れたい彼女は、その場にいたアシスタント、アンドリューと結婚するとでまかせを言ってしまう。だが、もし嘘が発覚すれば両者とも重罪に問われることになってしまう。
アリス・イン・ワンダーランド
アリス・キングスレー、19歳。美しく成長した彼女は、ある日、求婚者から逃げ出し、誤ってうさぎ穴に落ちてしまう。その地下世界は、かつて少女アリスが迷い込んだワンダーランド。だが、ワンダーランドでの記憶を失っている彼女には、この世界の奇妙な生き物たちがなぜ自分を知ってて、その期間を喜ぶのか理解できなかった。だが、彼女との再会を帽子屋(マッドハッター)ほど待ち望んでいた者はいなかった。赤の女王の独裁下で、狂気を装い生き延びてきた帽子屋の唯一の希望・・・それは、いつの日か、救世主アリスが再び現れることだったのだ。自分の手にワンダーランドの運命が握られていることを、アリスをまだ知らなかった・・・。